2012年10月11日

逆ギャップはNG



今日は、ある教室のホームページを作るために
クライアントのGさんと
ホームページ業者のYさんと私の
3名でデザイン決定の打ち合わせをした時の
コンサルティングの内容を公開します。


売上アップの重要なポイントが入っているのでご紹介します。


◆3つのバランスが重要

私は、クライアントの売上を作るために、
顧客・商品・自社の人材やキャラクターの
3点のバランスを重要視しています。


このクライアントGさんの
これまでの顧客は主婦層です。
商品は、マンツーマンの格安トレーニング。
そうしてGさんは、
物静かで人見知りの誠実そうな青年。

とても顧客・商品・自社のキャラクターの
バランスが良いので、
手間をかけなくても、
集客は上手くいっていました。

しかし、年間売上はごくわずか。

そこで、
顧客を、社会人男性に変更して、
商品も少人数のスクール形式に変更。
顧客単価をアップする戦略をたてました。


今回のホームページ作成は、
そのための第1弾目の施策です。

打合せ前には、
Gさんと私でホームページの配色を決め、
イメージに合う他社ホームページを選び、
ホームページ業者のYさんが
簡単なデザインを仕上げて打ち合わせに臨みました。


◆このままでは逆効果

Yさんが仕上げてきたホームページは、
とてもスタイリッシュでクールなデザインです。
配色もシックで知的なイメージを醸し出し
高級感あふれるホームページになりそうです。


ホームページは
素晴らしいデザインでしたが、
私からは
「配色替えて」
「もっとスタイリッシュさを抑えて」
という注文がでました。

なぜなら、Gさんが
”物静かで人見知りの誠実そうな青年”
だからです。

彼は、スタイリッシュでも、
クールでも、シックでもなく、
すごい知的にも見えない青年なのです。

しかも、教室の立地も
各駅しか停まらない駅から10分という立地。

このままのホームページデザインでは、
新規顧客の思い描いたイメージが高級すぎて、
じかに接触した場合に
Gさんの強みが低く評価されてしまいかねないのです。



◆売上アップには成約率が大切

Gさんの強みは
1.実際の体験から作られた独自開発メソッドであること。
2.30分でも体感でき即効性があること。
3.彼と同じように人見知りな人が
 対人関係に自信が持てるようになること。
4.緊張する営業や会議での発言が上手くなり、
 仕事やプライベートが充実すること。
の4点。


ホームページを観た人が
問い合わせをしてくるようにするだけなら
スタイリッシュなままで良いですが、
成約率を高めたいなら
スタイリッシュさは抑えて、
高級過ぎないホームページにしたほうが良いのです。


これも、私が
顧客・商品・自社の人材やキャラクターの
3点のバランスを重要視しているからこそ言えること。

そうでないと、
広告費がかかって忙しくなるだけで、
売上がアップしないなんてことになります。


ついついホームページ作成業者にいわれて
顧客層に合わないホームページ、
商品に合わないホームページ、
自社のキャラに合わないホームページを
作ってしまったあなた。

ちゃんとチェックしてから
販売促進活動に入りましょうね。


ご注意くださいませ。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ 
 フジテレビ・日本テレビに出演! BtoC集客で売上アップ
 優良客を強力に集客して最短2ヶ月で売上5倍アップの実績
 「集客できる仕組み」を構築する広告プランナー 

 マインドック有限会社 代表取締役 鈴木 貴子(栄美子)

 〒160-0023 東京都新宿区西新宿5-1-17-404
 TEL:03-6304-2301 FAX:03-6862-5930
 URL:http://www.mindoc1.com/
    http://www.bestmindoc.com/
 Mail:main@bestmindoc.com

 集客のために広告を出している社長さんの97.5%は、
 お金を出して集客できない広告を出している!
 
 「失敗VS成功・広告事例集」無料配布中
 ⇒http://www.bestmindoc.com/present.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 Copyright(c) 2001-2015 by Takako Suzuki. All rights reserved.
Posted by マインドック有限会社 at 16:58│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。