2012年03月01日

雨が降ったら傘をさそう



こんにちは。
マインドックの鈴木です。

今日は、おじさんたちに人気のある
内田 樹(たつる)先生のブログに書かれていた


 父親は「晴天モデル」で子どもを育て、
 母親は「荒天モデル」で子どもを育てる、


というお話から、
右肩下がりの日本経済の中で
勝っていける経営は・・・という内容です。



まずは、内田先生のブログから
お読みください。
http://blog.tatsuru.com/2006/11/26_1123.php


◆雨が降ったら傘をさそう◆

この男女差は、
特に社員教育に表れますが、
経営にも影響が出ます。

どう表れるかというと

経済不況になると、
「荒天モデル」の会社のほうが
生き残る確率が高くなります。

つまり、
女性経営者の会社が
現在の日本では生き残りやすいのです。



「晴天モデル」の会社は
右肩上がり経済時に栄え、
「荒天モデル」の会社は、
右肩下がり経済時に栄えます。

なぜなら、
右肩下がり経済は、
荒天だからです。

「雨が降れば傘をさす」
と松下幸之助さんも
社員におっしゃっています。


雨が降ったら、雪が降ったら、
”大丈夫だ”なんて粋がらないで、
”すぐ晴れる”なんて夢をみないで、
ちゃんと傘をさしましょう。


◆女性客に売ることの効用◆

さて、ここからが重要なのですが

女性客に売れるようになるということは、
男性経営者であっても、
女性の荒天モデル思考を
理解できるになるということです。

理解できれば、抽象的思考能力では
女性より男性のほうが優れていますから、
すぐ経営にも使えるようになりますよね。 

ということで、
これからの時代、女性を理解することは、
今まで以上に重要なことです。



あなた、女性のこと理解していますか?

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ 
 フジテレビ・日本テレビに出演! BtoC集客で売上アップ
 優良客を強力に集客して最短2ヶ月で売上5倍アップの実績
 「集客できる仕組み」を構築する広告プランナー 

 マインドック有限会社 代表取締役 鈴木 貴子(栄美子)

 〒160-0023 東京都新宿区西新宿5-1-17-404
 TEL:03-6304-2301 FAX:03-6862-5930
 URL:http://www.mindoc1.com/
    http://www.bestmindoc.com/
 Mail:main@bestmindoc.com

 集客のために広告を出している社長さんの97.5%は、
 お金を出して集客できない広告を出している!
 
 「失敗VS成功・広告事例集」無料配布中
 ⇒http://www.bestmindoc.com/present.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 Copyright(c) 2001-2015 by Takako Suzuki. All rights reserved.
Posted by マインドック有限会社 at 18:01│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。