2011年11月11日

女性の間食 46.1%

ほぼ毎日間食をする女性は46.1% 男性は21.8%
 インターワイヤード株式会社が運営するネットリサーチのDIMSDRIVEが間食についてのアンケートを..........≪続きを読む≫
女性の間食。

これには女性のセロトニン分泌量が
関わっているかもしれません。


「性差医療」という分野があります。

昔は、ビキニの水着で隠れる部分の医療だけでしたが、
現在は、他の身体の部位にも
性差があることが証明されだしています。

その性差医療で証明されているものに
セロトニンの分泌量があります。


女性は男性の52%しか脳内セロトニン量がありません。

さらに生理前や更年期による
女性ホルモンの変化により
脳内セロトニンが、さらに少なくなるそうです。

その事より、冷え性、偏頭痛、産後うつ、
更年期障害、月経前症候群、などの
女性が多いと考えられているのです。

また、うつ病では特に、
セロトニンの影響が大きく関わっており、
セロトニンが減少することによって
自律神経の制御がうまく機能できなくなり、
うつ状態が生じると言われています。

このセロトニンの原料になるのが「トリプトファン」 

このトリプトファンの説明をワキペディアで読むと


「必須アミノ酸なので
 基本的には食品中のタンパク質が多いほど多く含まれる。
 したがって、肉、魚、豆、種子、ナッツ、
 豆乳や乳製品などに豊富に含まれる。

 またチョコレート、燕麦、バナナ、ドリアン、
 マンゴー、ナツメヤシ、牛乳、ヨーグルト、
 カッテージチーズ、鶏卵、家禽類の肉、
 ゴマ、ヒヨコマメ、ヒマワリの種、スピルリナ、
 ラッカセイなどに含まれる、という報告がある。」

女性の間食の第一位は、
チョコレートです。

アラブ諸国では、
ナツメヤシは女性の美容食の代表。

バナナダイエットやヨーグルトダイエット。
流行しましたね。

もしかしたら、
女性の間食は、トリプトファンを補って、
セロトニンを増やすための行為なのかも?!


だとしたら、
美味しく効果的に
トリプトファンを摂取できるようにしたお菓子、
出たら売れそうですね。


ネーミングは、
「リラックス○○」
サブキャッチは、
「午後のひと時に、ひと口でストレス解消」
なんて、いかがでしょうか?

トリプトファン摂取のことを
前面に出さないで売っても、
麻薬のように
手を出さずにいられないお菓子になるかも知れません。

なぜなら、身体が欲しがるから。

身体が欲しがって美味しいなら、
ニーズとウォンツの両方を満たせます。


なんだか最強のお菓子になりそうですね。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ 
 フジテレビ・日本テレビに出演! BtoC集客で売上アップ
 優良客を強力に集客して最短2ヶ月で売上5倍アップの実績
 「集客できる仕組み」を構築する広告プランナー 

 マインドック有限会社 代表取締役 鈴木 貴子(栄美子)

 〒160-0023 東京都新宿区西新宿5-1-17-404
 TEL:03-6304-2301 FAX:03-6862-5930
 URL:http://www.mindoc1.com/
    http://www.bestmindoc.com/
 Mail:main@bestmindoc.com

 集客のために広告を出している社長さんの97.5%は、
 お金を出して集客できない広告を出している!
 
 「失敗VS成功・広告事例集」無料配布中
 ⇒http://www.bestmindoc.com/present.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 Copyright(c) 2001-2015 by Takako Suzuki. All rights reserved.
Posted by マインドック有限会社 at 06:26│Comments(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。