2011年10月28日

「女性向けの車」宣伝に思うこと

女性感情マーケティングによる会社の利益アップ戦略

女性向けの車で検索をかけたら








ダイハツのミラ ココア
http://www.daihatsu.co.jp/lineup/mira_cocoa/

日産のシルフィ
http://www2.nissan.co.jp/SYLPHY/index.html

トヨタのパソセッテ
http://toyota.jp/passosette/concept/concept/index.html

女性向けヴィッツ特別仕様車
http://www.motordays.com/news/articles/decocre_vitz_toyota_news_20090209/

が紹介されていました。


しかし、どのページも
写真が車の写真ばかりでした。


しかも、説明の文言が、

「ミラココアプラスには「L」「X」「G」の3グレード、
 ミラココアには「L」「X」の2グレードに分かれた、5グレードとなる。
 エンジンは、ツインカムDVVT直列3気筒のみで、
 トランスミッションはCVTをメインとし、4速ATも選べる。」

とか書いてあって、私には読むのが辛いです。


日産やトヨタのページに至っては、
グレードや仕様の図表や価格表ばかりです。

これじゃ車オタクの女性以外は、
どう選んだら良いのか、わかりません。



ハンドバックを置けるスペースが設けられている。
後ろの座席にもカップホルダーが付いている。、
花柄のシートにできる。 
 ←これはウケルのか少々疑問。
  
せっかく女性向けにしたなら、
使い心地や、どんな時に便利か、
使っている人の写真や
使い方の詳しい写真が載せてあったら、
もっとホームページだって観るのに~。



昼間に郊外の道路を車で走ってみたら分かるでしょうけど、
女性が車に乗ることって思いのほか多いですよ。

1人1台の車を持つ地方などでは、
妻・・・1台
子供・・1台
夫・・・1台ですが、

夫の車は家族用でもあるので、
女性が陰で選んでいるケースも多いはず。


海外では、妻が専業主婦の場合、
家計費を握っているのは夫ですから、
夫の車ぐらい夫の意見で決まるかもしれませんが、
ここは日本。

おかみさんが家計を握る
女性が家庭の中心の国なんですから、
自動車業界の皆さん、
もっと女性に上手くアピールしましょうね。

そうしたら、国内シェアが増えますよ。



なお、ついでに販売店さんも、
女性客が聞きたい説明ができるようになりましょうね。

アクセサリーが・・・なんて表現されても、
私たち女性の頭に最初に浮かぶのは、
ネックレスやブローチです。

話しが通じていなければ、
購入の判断ができませんので、
変な顔していたら、気がついてくださいね。



■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ 
 フジテレビ・日本テレビに出演! BtoC集客で売上アップ
 優良客を強力に集客して最短2ヶ月で売上5倍アップの実績
 「集客できる仕組み」を構築する広告プランナー 

 マインドック有限会社 代表取締役 鈴木 貴子(栄美子)

 〒160-0023 東京都新宿区西新宿5-1-17-404
 TEL:03-6304-2301 FAX:03-6862-5930
 URL:http://www.mindoc1.com/
    http://www.bestmindoc.com/
 Mail:main@bestmindoc.com

 集客のために広告を出している社長さんの97.5%は、
 お金を出して集客できない広告を出している!
 
 「失敗VS成功・広告事例集」無料配布中
 ⇒http://www.bestmindoc.com/present.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 Copyright(c) 2001-2015 by Takako Suzuki. All rights reserved.


同じカテゴリー(1.ビジネスモデル)の記事
Posted by マインドック有限会社 at 17:10│Comments(0)1.ビジネスモデル
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。