2011年03月14日

何かできないかと帰宅難民後の12日に出したメール

マインドックの鈴木です。


昨日の大地震、ちょうど東京で自主開催のセミナー中でした。

グラグラ揺れる中、まさか震度5以上とは思わずにいました。

4時過ぎに会場を出て、市ヶ谷駅で立ち往生。

「こんなになっているなら、
 もっと早く受講者さんを帰らせてあげるんだった」
と、一人で反省していました。


あの時、●●様は、どこにいらっしゃいましたか?

私は、帰宅難民になって夜明かしました。

そんな私と同じように、
情報が入らず不安な一夜を過ごした方も多いのではないでしょうか?


それ以上に、
今、このメールを読むこともできない人がいます。

住む家を無くした子供たち、
命を落とされた人、
その現場に居合わせた家族、
寒さに凍えるご老人たち。

彼らは、
私たちと同じ国に育っていたのに、
同じ言葉を話し、頑張っていたのに、
同じ生活をしてきたのに、
それを失くしました。


その心情を思うと、

何か、できることはないか。
何か、お役に立てることはないか。

そう心が泣くのです。

友人の岩松さん、小笠原ちゃん、
愛の賢者さん、萬さん、
その他、みなさん、
電話が通じないので心配しています。

大丈夫ですか。


テレビを見ていると、宮城県は雪が舞っています。
岩手県も雪になるかも。

テレビでも、毛布を必要としている人が多いとのこと。

私もホッカイロを7枚も貼って夜明かししました。


不安と緊張で体温は下がりますから、
避難場所での一夜は、それは寒かったでしょう。

しかし、
現地にいるわけではない、
現地へ行けるわけではない状況ですから、
やれることは限られます。

何かできることはないかと、ずっと考えていました。
ですが、私個人ができることは限られます。



そこで、私が得た情報を
●●様に提供することで、
被害にあった方々に、
お力をお貸しできればと考えました。

以下に、私の分かる範囲の情報を提供いたします。

何かできることがありましたら、
ぜひ、ご協力お願いいたします。


1.献血
負傷者は数多くいます。
日常的に不足する献血。
今こそ、お願いいたします。

お近くの献血ルームで献血ができます。

日本赤十字社 東京都献血センター
http://www.tokyo.bc.jrc.or.jp/

東京以外の方は
「献血センター」
または、「献血ルーム」
で検索してください。

※コンラボ参加者、
熊本在住 佐々木 大河様よりの情報です。


2.身近な人に安心を伝える緊急ダイヤル
電話が優先的につながります。

緊急用ダイヤルで伝言を残す
171+1+電話番号

緊急用ダイヤルで伝言を再生
171+2+電話番号

※ラーニングエッジ 鳥内様からの情報です。


3.壁紙変えて寄付ができる
無理をしない寄付が良いですね。

Yahoo!基金 緊急災害募金受付ページ
 http://volunteer.yahoo.co.jp/donation/detail/1630001/index.html

(ニフティ)東北地方太平洋沖地震災害救援金ページ  
http://donation.nifty.com/tokusetsu/

(goo)東北地方太平洋沖地震被害募金ページ  
http://special.goo.ne.jp/donation_earthquake/

(KDDI)被災地支援義援金サイト  
「EZボタン」―「トップメニュー」または「au oneトップ」―「災害用伝言板」―「被災地支援義援金サイト」



4.太っ腹mixiは寄付を倍額にして届けます

mixi支援ミクコレ(モバイル専用)
 http://m.mixi.jp/


5.Tポイントが寄付になる。グルーポンが寄付になる。

Tポイントカード
【緊急募金】東北地方太平洋沖地震
 http://tsite.jp/donation/index.pl?xpg=PCTC0202&bokin_id=88&scid=p0224dns

グルーポン
東北地方太平洋沖地震 義援金クーポン販売ページ
 http://www.groupon.jp/cid/7995/


5.すぐは危険ですが、復興は長期戦
復興支援ボランティアは、
なんと言っても「赤十字社」がお得意。

「赤十字・ボランティア」で検索してください。
(12日16時現在は繋がりませんでした)

または、
「災害ボランティア活動支援プロジェクト会議」
http://www.shien-p-saigai.org
という団体もあります。

※ボランティアに行く人は、
くれぐれも地元の人の意見を尊重してくださいね。
あと、自分が被害にあわないことも、よろしく。



なお、東北の被害が大きいので、
みなさん、そちらに目が行っていますが、
長野から新潟の被害も甚大です。

何回も被害にあっている地方ですし、
豪雪地帯です。

ですので、
こちらへの援助の情報もお待ちしています。


以上、現在、私が持っている情報です。

一部、提供者への確認ナシで
情報を提供しているものがありますことを
先にお詫びいたします。


ツイッターとフェイスブック、少しづつ書いています。

  ツイッター   mindoc_suzuki  
  フェイスブック Emiko Suzuki

今から、そちらでも発信します。



なお、補足として、

献血は集まり過ぎると無駄になるとの
ご意見を頂きました。

保存期間が21日間しかないからです。
8再献血は2ヶ月後からしかできません)

ですが、
常に不足していますので、
この可能性は少ないでしょう。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ 
 フジテレビ・日本テレビに出演! BtoC集客で売上アップ
 優良客を強力に集客して最短2ヶ月で売上5倍アップの実績
 「集客できる仕組み」を構築する広告プランナー 

 マインドック有限会社 代表取締役 鈴木 貴子(栄美子)

 〒160-0023 東京都新宿区西新宿5-1-17-404
 TEL:03-6304-2301 FAX:03-6862-5930
 URL:http://www.mindoc1.com/
    http://www.bestmindoc.com/
 Mail:main@bestmindoc.com

 集客のために広告を出している社長さんの97.5%は、
 お金を出して集客できない広告を出している!
 
 「失敗VS成功・広告事例集」無料配布中
 ⇒http://www.bestmindoc.com/present.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 Copyright(c) 2001-2015 by Takako Suzuki. All rights reserved.


同じカテゴリー(鈴木貴子のプライベート)の記事
Posted by マインドック有限会社 at 22:16│Comments(0)鈴木貴子のプライベート
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。