2010年10月08日

男性には単刀直入に言ったほうが良いのでしょうか?

Q様から、質問がきました。

それは、メール講座の、

^^^^^^^
・・ですので、女性客からの不満やクレームは、
  問題点をに気がつく貴重な機会です。

  この時に真摯に対処した企業が、
  選ばれる企業になるのですから、
  喜んで対処してください。

  対処方法は、
  「聞き取りと質問」ですので、
  頑張ってくださいね

^^^^^^^^
に対してです。

彼女は、これを読んで
以下のように書いています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

先日の内容は、私とサイドビジネス先の会社との
問題そのものです。

私が女性だからか、
50代の営業の男性と話がかみ合わず、
正式な代理店契約の手続きが、
未だにできないのです。

他の女性にならスンナリ通る話が、
肝心な担当の男性にはまるで勝手が違うのです。

男性には
単刀直入でハッキリ
意見する方がいいのでしょうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・

メール講座は、
経営者が読むという前提で書いています。
ですから、
「聞き取りと質問」は、
自分がクレームを受けた場合のこと。

相手がクレームを聞いてくれない時は、
自分のアプローチを変えるほうが結果が早いので、
Q様からの質問の

  男性には
  単刀直入でハッキリ
  意見する方がいいのでしょうか?

に回答していくことにしました。


今日の回答は、
男性の仕事の流儀を中心に書いています。


私も、男性の仕事の流儀が解からなくて、
ずいぶん苦労しましたので、
Q様も同じかなと思って書きました。


以下、回答です。
・・・・・・・・・・・・・・・

男性に単刀直入に意見を言うのは、
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
  ・
 ○であり×です。

○なのは、
男性にはハッキリ言ったほうが伝わりやすいからです。

しかし、女性の単刀直入な意見は、
頻繁に男性を怒らせます。

なぜなら、
「不快な感情」を単刀直入に言ってしまうから。
これは×です。


男性は、
不快な感情を自分自身が感じたとしても、
その感情に打ち勝ち、
早急に忘れることがカッコ良いことと考えています。

同じように、
他人も、不快な感情をサッサと忘れる人を尊敬します。


まして、仕事において
「私は、あなたに言われたことが不快だった」
と後から言う相手は、
グチグチしていて仕事ができない人ととらえます。

親が死んでも、子供が大病でも、
仕事場に、そのことを持ち込まないのが男性の流儀です。

ですので、
過去Q様が不快に感じたことや、
相手がしたミスやトラブルを
単刀直入に伝えるのは、
絶対に×です。

まして、自分より目下の者から、
「あなたが間違った」
と指摘されることは、
「男性にとって不快の極み」
と覚えておいてください。

だから、女性から間違いを指摘されると、
サッサと忘れて、なかったことにするか。
なんとしても自分が正しいことにしようとします。


ですから、意見が対立してしまった男性には、

1.あなたは間違ってないと伝え、
2.あなたの能力を信頼していると伝え、
3.そのあとに、して欲しい行動を単刀直入に伝えます。
4.相手が何を言おうと、
自分のして欲しいことを感情抜きで繰り返し伝えます。

こうすると、
大半の男性は、言うことを聞いてくれます(笑)。



ですから、Q様の場合は、
こう言いましょう。


「いつもお世話になっております。
 △△さんが、過去に私にしたことは、
 すべて良かれと考えられてのことと思います。

 それを理解できないのは、
 私の能力が不足しているのだと思います。

 ですから、これから私が言うことも、
 △△さんには、変だと感じられるかもしれませんが、
 △△さんなら、
 私の真意を汲み取ってくださると思っています。

 私は、~~を・・・・して欲しいのです。
 そのうえで、**を###してみたいのです」


・あなたは正しい
・あなたは能力が高い
・あなたなら、できる

こう言いあうことが
男性の仕事の流儀なんですよ。

そうして、
過去を忘れて未来に生きるのも
男性の仕事の流儀です。


これらのポイントをおさえて、
アプローチの改善をしていけば、
Q様のやりたいことができるようになります。

Q様、頑張ってくださいね。


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ 
 フジテレビ・日本テレビに出演! BtoC集客で売上アップ
 優良客を強力に集客して最短2ヶ月で売上5倍アップの実績
 「集客できる仕組み」を構築する広告プランナー 

 マインドック有限会社 代表取締役 鈴木 貴子(栄美子)

 〒160-0023 東京都新宿区西新宿5-1-17-404
 TEL:03-6304-2301 FAX:03-6862-5930
 URL:http://www.mindoc1.com/
    http://www.bestmindoc.com/
 Mail:main@bestmindoc.com

 集客のために広告を出している社長さんの97.5%は、
 お金を出して集客できない広告を出している!
 
 「失敗VS成功・広告事例集」無料配布中
 ⇒http://www.bestmindoc.com/present.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 Copyright(c) 2001-2015 by Takako Suzuki. All rights reserved.


同じカテゴリー(10.お客様の声)の記事
耳を澄ませば
耳を澄ませば(2012-12-20 05:34)

Posted by マインドック有限会社 at 23:15│Comments(0)10.お客様の声
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。