2010年10月05日

思いが伝わらない時

メールの読者の方から質問がきました。

ご質問いただいたM様、
ありがとうございました。


同じようなことで悩んでいる方も
多いと思うので、ブログで回答します。


M様の質問は、
メール講座の第3回目
「立場によるフィルターの違い」

についてです。

この回は、

  同じ事柄を見ているのに、
  相手と自分の解釈が
  大きく違うことがあるのは、
  フィルターの違いなのです。

ということを、

  T社長、52歳。
  食品販売業を起こして20余年。
  入社3年目、26歳の女性社員Nさんとの
  やりとりで憤慨しています。

という実例を元に書いています。



M様の質問は以下のようなもの

・・・・・・・・・・・・・
  フィルターの違いからくる問題は、
  私にとって公私共に最大の課題です。

  どうしたら会話が成り立つのか、
  どうしたら言いたい事がうまく伝わるのか、
  いつもそれで悩んでいます。

  フィルターを意識して会話しているツモリでも
  話がかみあわないのは、ひょっとして、
  自分のセルフイメージが低いからなのかな‥
  と思っています。

  著書の紹介等、
  もっと具体的なアドバイスがいただけましたら
  幸いです。
・・・・・・・・・・・・・

「自分のセルフイメージが・・・」
とまで書いてきていますので、
話が上手く伝わらない期間が長いようです。

しかし、セルフイメージの問題ではないので、
M様、安心してください。

相手とフィルターが違いすぎると、
私にだって
いくら話して伝わらないことがありますから(笑)。


では、M様の話し方に問題はないという前提で
ここから回答に移ります。


・・・・・・・・・・・・・・・・
ある特定の相手にだけ、
自分の思いが伝わらない。

このような場合
フィルターの違いが問題になっています。

その場合にすることは、

1.相手を最低5回は観察する。

2.相手の通常の状態と解釈を見極める
  健康状態、精神状態などと
  自己認識や価値観など世界観の
  通常パターンを見極めます。

3.最初に、話が伝わらなかった時を
 思い出す。

4.相手の通常の状態から外れていなかったか?検討する
  
  4’最初に話が伝わらなかった時が
  相手の通常の状態と違った場合は、
  不快な状態の時に話してしまったのが原因です。

  目耳舌鼻や肌を喜ばせることから始めて、
  相手の状態を快楽にしてから
  関係を作り直しましょう。
 
5.相手の状態は通常パターンだった場合
 世界観が違っている可能性が高くなります。

  5’相手の解釈と自分の解釈が
  大きく違っていて、
  話が伝わらなかったと考えられます。
  つまりフィルターが違っていたのです。

  5'’相手の解釈を知る必要があります。

  A.自分の思いを伝えた時、
  相手が、どのように解釈したかを
  相手から聞かせてもらいましょう。

  この時、
  自分の解釈や意思を脇にどけるか、
  相手を好意的に解釈するようにします。

  関係がこじれている場合、
  悪意のある発言を聞かされるかもしれません。
  その場合も、
  「○○さんは、~~と思われたんですよね」
  と受け取り、
  その場での判断を保留しましょう。
 
  B.あなたの解釈を理解してもらうのは
  最初のうちは、あきらめましょう。
  あなたの解釈が正しいように、
  相手の解釈も、相手にとって正しいのです。
   
  C.相手の能力をほめる。
  相手の行動をねぎらう。
  相手の解釈の良いところを認める。
  これを繰り返しましょう。

  相手の解釈に従う必要はありませんが、
  相手の解釈を尊重していることを、
  アピールするのです。

  好意の返報性により、
  そのうち、相手があなたに
  同じことをしてくれるようになります。

  D.好意の返報性で、
  相手から好意が戻ってくるまでの期間は、
  最初に、話が伝わらなかった時から、
  現在までの2~3倍の時間がかかります。

  ですので、
  そこまで手間ヒマかけるかどうかは、
  自分で判断してくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・


解釈の違いは、
多くの場合、フィルターの違いです。

しかし、フィルターの違いは、
誰もが気がつかないものです。


だからこそ、
観察して、相手の状態と解釈を見極め、
通常のパターンと違った時に、
状態と解釈に分けて対処すると
問題解決が早くできるのです。

これは、自分自身に対しても同じです。

状態と解釈を分けて考えるだけでも、
多くのストレスから解放されますので、
ぜひ、お試しくださいね。


なお、著書の紹介ですが、
お勧めできる本がありません。


もし読まれるなら
○○派といわれる心理学の基本書を、
多種類読まれることをお勧めします。

○○派と分かれているということは、
そこに何かのフィルターがかかっている証拠。

多種類読むと、
人はフィルターをかけずに
物事を認識できないということが
身にしみて理解できて、
他人に優しくなれますよ。


では、誰もが悩んでいる
「立場によるフィルターの違い」

これからも
感想や質問をお待ちしています。



■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ 
 フジテレビ・日本テレビに出演! BtoC集客で売上アップ
 優良客を強力に集客して最短2ヶ月で売上5倍アップの実績
 「集客できる仕組み」を構築する広告プランナー 

 マインドック有限会社 代表取締役 鈴木 貴子(栄美子)

 〒160-0023 東京都新宿区西新宿5-1-17-404
 TEL:03-6304-2301 FAX:03-6862-5930
 URL:http://www.mindoc1.com/
    http://www.bestmindoc.com/
 Mail:main@bestmindoc.com

 集客のために広告を出している社長さんの97.5%は、
 お金を出して集客できない広告を出している!
 
 「失敗VS成功・広告事例集」無料配布中
 ⇒http://www.bestmindoc.com/present.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 Copyright(c) 2001-2015 by Takako Suzuki. All rights reserved.


同じカテゴリー(10.お客様の声)の記事
耳を澄ませば
耳を澄ませば(2012-12-20 05:34)

Posted by マインドック有限会社 at 11:03│Comments(0)10.お客様の声
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。