2010年04月16日

それをやっちゃぁ、おしまいよ。寅さんは言いました

  院長様の顔が
  「感謝される」のセリフで明るくなりました。
  右上のほうを向いてニッコリしたので、
  これは良い兆候と思い、
  もう1つの注意点をレクチャーすることにしました。


  ◆ それは、あるパターンの会話

  それは、
   ・
   ・
   ・
   ・
   ・
  批判・防御のパターン会話についてです。

  このパターンの会話は、
  男性同志だと、上下関係を感知して、
  それに従うことに慣れていますから、
  会社という場なら大きな問題になりません。

  しかし、上下関係に慣れていない女性には
  非常に不快なパターンの会話なので、
  大問題に発展します。  
  

  ◆ 主導権を握るために自己正当化

  批判・防御のパターン会話とは、

  1.相手のことを批判する。
  「君の考え方がおかしい」
  「話が通じないのは君の能力不足だ」
  「君の行動の良くない点は・・・」
  「あなたの会社では・・・」など、
  環境、行動、能力、価値観、
  ひどい時は人格まで批判する。

  2.自分が正しいと言い出す。
  「僕は知っている」
  「僕が話せば上手くいく」
  「僕のほうが人選は上手い」
  「社会では・・・(一般化)」など、
  「1」に順接で理由が述べられ
  自分の正しさを強調しだす。

  こういう自己を正当化する会話のことです。


  主導権を握りたい気持ちは理解できますが、
  「1.」の批判は、Youメッセージ。
  「2.」の正しさの強調は、Iメッセージ。


  フーテンの寅さんがいたら、
  「それをやっちゃぁ、おしまいよ」
  と苦笑いされちゃいます。


  ◆ ゲームは、ふりだしに戻る

  寅さんも苦笑いする批判・防御のパターン会話。
  女性からしたら、社内であれ、家庭内であれ、
  無理やり頭を押さえつけられた気分。

  自分の行動も能力も価値の否定され、
  相手に「言う通りにしろ」と 
  強要されているとしか感じていませんから、
  非常に不快な気持ちだけが残ります。

  ですから、せっかく20分間も使って
  5ステップで奥様を喜ばせても、
  ふりだしに戻っちゃいます。


  ですので、院長様にも
  「『君は論理的じゃない』『人選は僕がする』と
   批判をして主導権を握ろうとする。
   批判・防御のパターンをやめてください」

  とレクチャーしたのです。

  またまた、院長様の顔が納得のいかない顔になりました。


  院長様の納得がいかない顔を見ながら

  「どんな優しさも思いやりも
   相手にちゃんと伝わらなければ意味がないはず。
   そういう基本が、
   忙しさで頭から抜け落ちているのかも。」


  と悲しい気持ちになりました。


  ◆ 女性版の批判・防御のパターン会話

  男性と女性では、
  脳の機能から社会的な役割も違います。
  ですから、男性なら
  「上司だから」「年上だから」で通ることが、
  通らないこともあるのです。
  
  批判・防御のパターン会話をすると、
  最初は我慢していた女性も、
  女性版の批判・防御のパターン会話
  をするようになってきます。

  女性版の批判・防御のパターン会話は、
  「1.」の批判は、Youメッセージ。
  「2.」の正しさの強調は、Weメッセージ。
  弱い立場を補強するために、
  世間から友人まで総動員してきます。


  こうして、男女共に怒り続けることになるのです。


  ◆ そうして反乱は続く

  院長の奥様も、最初から鬼嫁ではなかったはず。 

  ですから、奥様に協力してもらいたいなら、
  社内や院内の風通しを良くして、
  お客様や患者様への心配りをして欲しいなら

  「批判・防御のパターン会話は、
   立場の上の人間から
   封印していくことをオススメします」 


  と、レクチャーしたのですが・・・
  うまく伝わらなかったようです。

  夕暮れの道を歩きながら、
  院長様の納得いかない顔を思い出し、
  「奥様の反乱は鎮まりそうもないな」と、
  ため息をつく私です。

  院長、お願いだから
  動じない男になってくれ~!!


  
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ 
 フジテレビ・日本テレビに出演! BtoC集客で売上アップ
 優良客を強力に集客して最短2ヶ月で売上5倍アップの実績
 「集客できる仕組み」を構築する広告プランナー 

 マインドック有限会社 代表取締役 鈴木 貴子(栄美子)

 〒160-0023 東京都新宿区西新宿5-1-17-404
 TEL:03-6304-2301 FAX:03-6862-5930
 URL:http://www.mindoc1.com/
    http://www.bestmindoc.com/
 Mail:main@bestmindoc.com

 集客のために広告を出している社長さんの97.5%は、
 お金を出して集客できない広告を出している!
 
 「失敗VS成功・広告事例集」無料配布中
 ⇒http://www.bestmindoc.com/present.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 Copyright(c) 2001-2015 by Takako Suzuki. All rights reserved.


同じカテゴリー(9.社員教育)の記事
Posted by マインドック有限会社 at 18:58│Comments(2)9.社員教育
この記事へのコメント
話としては興味深いのですが、当事者がこのブログを見たら自分のことだと直ぐ分かりますよね?

もし私が当の院長だったら、大激怒していますよ。相手の感情を理解していない点では、御社も同じではないでしょうか。
Posted by ZEKE at 2010年04月16日 19:55
ZEKE様

院長先生から大激怒されるのでは...とご心配くださって有り難うございます。

この記事の当事者である院長先生、とても楽しそうに過去のご自身のお話を読んで下さっています。

このあとどうなるかは....
Posted by マインドック有限会社マインドック有限会社 at 2010年04月19日 17:39
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。