2015年06月30日

自治体のニッチ戦略を考える。鳥取砂丘のイルミネーション頓挫。



地域活性化は簡単な取り組みではありません。
限られた予算・資源の中で、
住民を盛り上げ、観光客を招き入れるには
知恵を絞らなければ上手くいきません。

実際、地方団体や地方の企業が安易な戦略に走り、
取り組みが頓挫したり、集客が思うように集まらなかったりする例も散見されます。


砂丘に光害はNG

例えば、鳥取市は2015年10月末「鳥取砂丘光のアートフェア2015」において、高さ7000メートルの光のツリーを中心としたイルミネーション・イベントを計画していましたが、住民の反対などにより中止に追い込まれました。

集客のために過剰な演出を狙ったために、
環境省の「光害対策ガイドライン」に規定された
自然への配慮を欠く計画になってしまった点に批判が集まっています。
出典:http://mainichi.jp/select/news/20150530k0000e040207000c.html

そもそも派手なイルミネーションは、
鳥取砂丘に建設しなくても、都会で十分に楽しむことができます。
私は、地方が市場規模や資源に勝る都会と
同じ土俵で戦おうとした戦略に問題があると思います。


強者と同じ戦略はたてない


ランチェスター戦略が有名ですが、
資源に恵まれない企業は、
市場をリードする企業に真っ向から勝負してはいけないという
マーケティングの定石があります。


この定石は自治体であっても同様です。

地方は人口自体が少ないので、安易な集客ができません。
ですから、強烈に興味を惹きつけるために、
特定の領域に絞って資源を投入する
「ニッチ戦略」をとることが推奨されます。


ニッチ戦略は大手が興味を示さないような狭い領域に集中することで、
ユニークな価値を生み出し、小さいながらも確固とした地位を築くことを目的とします。

マーケティングの大家であるコトラーは、
ニッチ戦略をとるニッチャーの他に、
最大のシェアを有するリーダー、
差別化によりリーダーからシェアを奪うチャレンジャー、
そして他者の模倣により生き残りだけを図るフォロワーを定義しています。


自治体に置き換えれば、リーダーは東京や大阪、
チャレンジャーは神戸や福岡といったところでしょうか。

今回の鳥取市のような観光客を増加させたい地方自治体は、
独自の価値を提供するニッチャーを目指すべきです。

他の都市の模倣するだけのフォロワーのままでは、
競争に勝てません。









東京にないモノが地方の価値

さて、都会にいる人間が地方に行く意義は何でしょうか。
都会にいる人たちは、
都会にいてできる体験を場所を変えてしたいと思うでしょうか?

そんなことは考えません。

海外旅行に行くのは日本とは違う体験をしたいから行くのです。
同じように、都会の人が地方に行くのは、
その地方でしかできない体験がしたいから、地方に向かうのです。


都会と違う体験を得ることで、
気分転換をしたり、感動を覚えたりするのです。

ですから、都会でもできることを地方で提供しても魅力がありません。

地元の業者とのしがらみ等、複雑な事情はあるかもしれません。
しかし、より多くの集客を目指すのであれば、
都会の真似をするのではなく、
その地方にある強みを活用するほうが効果的ではないでしょうか。

砂丘での光のツリー集客は、
なばなの里やさがみ湖イルミリオンなど多くの自治体がイルミネーションを競っている現在、勝てる戦略でありません。
日本一広い砂丘だからこそ、環境省の「光害対策ガイドライン」に触れてしまったのですから、
暗さと広さを活かすと共に、
交通の不便があっても行く理由づくりをする。

そうすれば大阪や京都から集客ができます。
行く理由づけが強ければ、東京から集客することだってできます。

すでに、私の頭の中には、
6個ぐらいの案が浮かんでおります。

もしかしたら一大イベント化できそうな案もありますので、
鳥取県からの熱いラブコールをお待ちしております!!


参照元
http://keieisha.zuuonline.com/archives/1347
http://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/index.html/
http://www.sagamiko-resort.jp/illumillion/


  

Posted by マインドック有限会社 at 17:34Comments(0)

2015年06月30日

ペヤングとマクドナルドの明暗を分けたもの




去年から今年にかけて異物混入の事故が多数発覚して話題となりました。
その中で大きな話題となったのが
まるか食品『ぺヤング』と日本マクドナルド・三沢店『チキンナゲット』。


しかし、消費者は『ペヤング』の復活は喜びましたが、
『チキンナゲット』はどうでも良いままですし、
『マクドナルド』の商品から離れたままです。

今回、facebookに
「ペヤング、ゲットしました」
と記事をアップしたところ、

ランチ会参加者でもある舘野真様から
「鈴木さんの目線で、同じ異物混入でのマックとペヤングにおける復活の違いをブログで読みたいです!」
という申し出がありましたので、急きょ、この話題にしました。
舘野さん、ありがとうございます。


話題の両社のこれまでの経過

2014年12月2日 まるか食品
『ペヤング超大盛やきそばハーフ&ハーフ激辛』の異物混入が発覚。
  ↓
2015年1月3日日本マクドナルド・三沢店で
『チキンナゲット』の異物混入が発覚。
  ↓
まるか食品・日本マクドナルドともに、
発覚直後は「製造過程で混入は考えられない」と発言。
  ↓
しかし、2014年12月4日、
まるか食品は「可能性がゼロとは言いきれない」と
同一ラインで製造した約5万個を自主回収することを決定。
  ↓
2014年12月11日には、
『ペヤング』全商品の製造自粛し販売を休止すると決定。
  ↓
復活は当初2015年2月を予定していたが、
品質管理徹底のため工場設備を改修するなどして、
先日6月8日に関東地域限定で販売開始となった。
  ↓
一方、日本マクドナルドは、2015年1月8日の記者会見までに
4件の異物混入事故が会社側に届けられるも公開せずにいた。
記者会見まで公開しなかったことについて
マクドナルド側は以下のように答えている。

「一つ一つの事象については、原因を具体的に突き止め、必要な形で保健所に報告をして指導を受けながら、お客様に説明することで問題の責任を果たしている所存だ。このことと、全体を全てお知らせした上で大きく対応させていただく品質問題とは、対応が別だと考えている」

   ↓
その後も、問題商品の販売は自粛したが、
問題店舗においても休業することなく販売を続行。


論理よりお客様の心理がどう動くかのほうが大切

この両社の対応から、
ペヤングの復活劇とマクドナルドの凋落を
独断と偏見で解説します。


まず初期対応として、両者とも言い訳をしているわけですが、
まるか食品は“「製造過程で混入は考えられない」と発言”なだけで、
“これから調査します”という対応でしたが、
マクドナルドは“「品質問題とは、対応が別だと考えている」”と、
“僕たち悪くないもんね”という居直りを感じさせる対応になっています。

アメリカらしい論理性ある発言なのですが、
日本人にとっては、異物混入は品質管理問題です。
違うと言われても納得できませんね。


この両社の騒動、違いと言えば元々の商品からして違います。

ペヤングは国内生産ですが、
マクドナルドは海外生産を日本で調理する形式です。
マクドナルドは、中国の生産拠点をタイに移したばかりですので、
日本人としては“海外の工場での生産は危ない”と再インプットしたようなもの。


また、ペヤングは、自分で調理する物であり、
食べる場所も限定されませんが、
マクドナルドは、お店を構えて調理された物を購入するので、
食べる場所も店内を想定しています。

店内で調理済み食品を提供されたら、
提供した人を信用して食するのが日本人です。
ですので、異物混入の責任はマクドナルドのほうが重いはず。
それなのに、調査もそこそこに販売を継続したので、
よけいに反感を買ったと思われます。


事件後、まるか食品は、早々に製造の自粛・販売の中止を決めますが、
マクドナルドは新商品を出したりして販売を続けます。
こうなると、よけいにマクドナルドが消費者を軽視しているように見えます。

ペヤングは市場から消えました。
当初2月に復旧を予定していたのに、工場の全設備を点検改修したためにペヤングの復活は伸びに伸びて6月になりました。
市場に1個もペヤングがなくなってからの復活ということで、待ちに待った復活となったのです。
その点からも、だらだらと販売を続けたマクドナルドに勝ち目はありません。


消費者から観ると
製造場所
国内=安全           海外=安全でない(かも) 
工場設備を改修=安心      工場設備を点検=ちゃんとやったか不安
販売店舗の教育(不必要)    販売店舗の教育=やってない(かも)
販売
長期間の販売中止=誠意を感じる だらだらと販売=誠意を感じない
         早く欲しい          気がむけば買うかも
なんですよ。


そのうえ、腐らないマックフライポテト疑惑などがあり、
今やマクドナルド商品は身体に悪い商品の代名詞になっています。

マクドナルドは、
安心、安全に向かって誠意ある対応をしたと思ってもらうために
1都道府県ごとに2日ぐらい休んで店舗の点検をしたほうが良かったでしょう。
そうして、商品の安全と店舗教育を徹底した証拠を消費者に向かって提示したら、
身体に悪くてもマクドナルドを食べるのはカッコいいことというブランディングを行うかか、
マクドナルドで食べる理由、集う理由があるビジネスモデルを作りあげたら良かったのに・・・と思います。

今のマクドナルドは、
安いものを売るダサいお店になってしまっているうえに、
あの店舗で食べる理由も集う理由もなくなってしまいました。
ホームページ観ても何も面白くありません。

http://www.mcdonalds.co.jp/

そんなマクドナルドを尻目に、
まるか食品はホームページも改修して、
万全を期しました!!と盛大にアピールしております。

http://www.peyoung.co.jp/

経営者の私から見たら
この対応ができるまるか食品の経営資本にも拍手です。

さて、地方の友人に贈るために、
ペヤング買占めようかな。


参照元は多すぎたので今回記載しません。  

Posted by マインドック有限会社 at 17:23Comments(0)

2015年06月30日

外食チェーンの野菜ブームで女性は集められるのか?



外食チェーンに野菜ブームが訪れました。

ファーストフード店やファミリーレストランで
一斉に野菜を使ったメニューが投入されています。

狙いは一つ!
「女性客の取り込み」です。


中国の工場で期限切れの鶏肉を使用していたことが発覚し、
売り上げが激減しているマクドナルドは、
女性客の取り込みにより業績の回復を狙っています。

日本マクドナルドは、2015年5月25日に
「ベジタブルチキンバーガー」「ベジタブルチキンマフィン」など
野菜を強調したメニューを発表しました。


事実、サラ・カサノバ社長は
「家族連れや女性のリクエストに応えた」と話しています。
出展:http://digital.asahi.com/articles/ASH5T4G48H5TULFA00X.html

しかし、本当に女性がリクエストしているのは、
野菜が少し増えたマクドナルドのハンバーガーなのでしょうか?



どうやってまで考えましょう



外食産業において女性の心をつかむことは重要です。

母親が気に入っている店には子供や夫を連れてくるでしょうし、
女性の友人同士で連れ立って外食することも多いでしょう。
口コミの効果も大きいです。

女性の心をつかむことで、業績の回復を狙うという戦略は間違いではないでしょう。

しかし、どうやって、女性の心をつかむかという手段を考える際には、女性の購買心理を考慮する必要があります。

女性の購買心理は、私が以前から提唱しているように男性とは異なります。


例えば、商品を購入する場合、男性は機能を重視します。
食品であれば、味や素材が納得できる価格で提供されていれば男性は満足します。
女性は使用感を重視するので、商品を使用している自分自身のイメージが重要です。
おしゃれなカフェでカプチーノを楽しむ自分が好きだから、そのカフェを選びます。

また、女性の意思決定には気持ちを「察する」ことが重要です。

「特定ブランドの財布」が欲しいと言われてから、
それをプレゼントしても感激してくれません。

「財布」が欲しいと何気なく口にした時点で、ブランドの好みを推定し、
「彼女の欲しい財布」までたどり着く必要があります。
女性は、自分の好ましい商品を推定してくれたことに喜びを感じます。


では、マクドナルドに「野菜のメニューがほしい」と要望する女性は、
野菜を使ったハンバーガーが欲しかったのでしょうか?

野菜を含んだ商品という機能から考えるのは男性目線であるといえます。
女性目線で考えると「野菜を食べて健康を保っている自分」という自己イメージの向上まで提供する必要があるでしょう。

吉野家は5月21日、牛肉を使わず、ゆで野菜のみを使った「ベジ丼」を発表しました。
野菜を食べたいから、野菜の丼ぶりを提供するというストーリーには、
女性を惹きつける感激がありません。
女性は「牛丼屋で野菜を食べている私」に喜びを感じるのか?
そこまで考えないと売上増に結びつくことはないでしょう。


女性心理を考えたマーケティングが必要

女性に売って売上アップしたいなら、
もっと女性心理を考えたマーケティング戦略を考える必要があると私は考えます。


なお、今回は、マクドナルドと吉野家の例をあげましたが、
この頃のマーケティング活動を観ていると
ルミネや富士通「Floral Kiss」など女性に向けたマーケティングのミスが目立っている気がします。

マクドナルドのサラ・カサノバ社長が女性なことを考えると、
もしかしてビジネス最前線の女性がビジネスの現場で勝ち進んでいくために、思考形態を男性に似せてきた弊害が出ているのかもしれませんね。

女性であっても女性心理が理解できなかったら、
女性向けのマーケティングで成果をあげることはできません。


会議で発言する時は男性になっても、
女性向け企画を考える時は女性として考える。

マクドナルドのサラ・カサノバ社長に、
それができなかったのだとしたら、
女性の出世の意味がないと思うのは私だけでしょうか?

参照元:
http://www.president.co.jp/pre/backnumber/2006/20060403/1086/



  

Posted by マインドック有限会社 at 17:12Comments(0)

2015年06月30日

グランフロント大阪の成功要因



ナレッジキャピタルの可能性に注目!

2周年を迎えたグランフロント大阪。
アウトレットなどの大型ショッピング施設が増え競争力が増す中、
こちらのグランフロント大阪は、多大な集客と利益をあげています。

累計入場者数はおよそ1億230万人、
目標を掲げていた数字よりも35%上回り、4930万を記録しました。
売上も好調で、400億円を上回り444億円にもなったそうです。


これはなぜ、でしょうか?

実は、グランフロント大阪では今までのショッピング施設のように、
品物の売り買いや飲食だけではなく、違ったテーマを掲げているのです。

それが『ナレッジキャピタル』


『ナレッジキャピタル』とはどういう意味か


ナレッジキャピタルとは
knowledge=知識
capital=首都
この二つの言葉を合わせた造語で、
「知の交流から新たな価値を生み出す“知的創造拠点”」
という意味です。


そこには、企業人、研究者、クリエイター、そして一般生活者など
さまざまな人たちがスクランブル交差点のように行き交い、
それぞれの知を結び合わせて新しい価値を生み出しています。

そのための場として、大小のオフィス、サロン、ラボ、ショールーム、
シアター、イベントスペース、コンベンションセンターまで、
グランフロント大阪には人が交流するためのあらゆる施設が揃っています。

グランフロント大阪の広報には、
 ”ナレッジキャピタルは施設の名前であると同時に、
 組織の名前であり、活動体の名称でもある”
と書いています。
https://kc-i.jp/about/

現在の商業施設には、
たくさんの品物を売ろうと商品があふれかえっています。

お目当てのブランドを格安で販売するアウトレットモールなども、
多数の商品を売りさばく事が目的です。

しかし、グランフラント大阪では、
「ナレッジキャピタル」をテーマにしてみました。




つまりグランフロン大阪では、
ショッピングの観念をまったく新しくしたのです。


イベントスペース、コンベンションセンター、
シアター、ショールーム、ラボ、サロンなどのエリア増やして、
興味あるイベント、ワークショップやスペシャリストの祭典が行われます。

その中で、初音ミクを中心としたイベントも行われて大盛況でした。


つまり、グランフロント大阪は
ナレッジキャピタルの場として創られ
ナレッジキャピタルの活動をしたからこそ大盛況となったのです。



これからの市場は今まで以上に知的好奇心で動く


品物の売り買いだけでは、人間は満足できません。
物が溢れ返った時代の今となっては、
品物よりも知的好奇心を満たす分野に惹かれて消費者は動いているのです。

知的好奇心を求める動きは、
儲かるとか、大企業だとかの枠に捉われることなく、
無限に広がっていく。 


それが、グランフロント大阪の
ナレッジキャピタルで証明されたと言えるでしょう。

テレビが主流だった時代には、
人々の興味あるものは、限られていましたが、
ネットや、幅広いアニメ、ゲームが非常に多くの人達に浸透しています。

最近では、ゲームのアイテムで使用されていた「ヒモ」が
実際に販売されると、高値をつけ飛ぶように売れました。

ヘスティアのあの紐

このように、様々な知的好奇心を持っている人達が、
溢れる世の中になった今、

・誰に何を販売するのか?
・何をどのように販売するか?
・販売手段や表現をどうするのか?
そんな細部を顧客の心理に合わせてマーケティングすることで
売上が創造できる時代になってきたのです。


だから、
大きな企業だから成功する、
小さいからダメという時代ではありません。

多くの人が求める知的好奇心を持たすために
協業によって企業が情報を持合い、
ニーズに合わせたイベントをおこなったり、
品物を作ったりする事で、
ファンとよべる消費者を味方につければ、
爆発的な集客と売上増が可能となってくる。

そんな知的なマーケットの時代です。
だからこそ、小さな企業にも勝機があります。

中小企業でも大きなムーブメントが起こせるナレッジキャピタル。
あなたもナレッジキャピタルにすぐ取り組んでみてはいかがでしょう。


参照元:http://lmedia.jp/2015/03/24/62870/
    https://kc-i.jp/about/
    http://ysroad-osaka.com/staffblog/2013/08/post-1003.html
    http://www.daikin.co.jp/press/2013/130318/index.html
    http://jin115.com/archives/52075630.html  

Posted by マインドック有限会社 at 16:50Comments(0)

2015年06月30日

ネーミングで失敗VSネーミングで成功

商品のネーミングはとても大切です。

ネーミングだけでブランドの価値がアップすることもダウンすることもあります。


そこで、顧客心理から考えると
「やっちゃたのね」というネーミングが話題になったので、
その話題を取り上げます。


ターゲット以外にバカ売れ

ターゲットが購入しないで、他にバカ売れしてしまった商品があります。

それが、今、話題の商品”お嬢様聖水”です。

もう、どうしてこのネーミングになったのか。
理解に苦しみます。


企画部や役員層に男性は一人もいなかったのか?
テストマーケティングをしなかったのか?
外部の人間が出すサインを誰もが見落としたのか?

謎が深まるばかりです。



私は、この商品の宣伝を
電車の中貼りポスターで観た時から驚きを禁じえませんでした。

「いや~、マズイでしょう! 
 どう考えても男性が変な想像するでしょう」
と心の中で冷や汗かきました。

誤解された時点で戦略的に大失敗です。

この商品、バカ売れしています。
だから、売上だけ考えたらネーミング成功商品です。


でも、やはりマズイ気がします。


他の『お嬢様酵素』も認知度をアップさせたので、
RIVALAND社が「売れたから良い」と言うなら、
部外者の私は何も言うことがありません。

でも、ブランドは激しく傷つきました。

なぜなら、公式サイトの説明には
「現代人のカラダに不足した栄養素を補います」
「ダイエット中にうれしい食物繊維」など
美容や健康を意識した宣伝文句が並び、
「女性のための新感覚エナジードリンク」とも書かれ、
女性をターゲットにした商品であることは間違いなさそうなのですが・・・。

購入者は、こういう方々。

新宿区内のメトロ売店の店員は、

「買っていくのは30~50代のサラリーマンがほとんど。特に会社帰りの夜の時間帯が多い。なかには1人で8~10本買っていく人もいた」

と話し、
ツイッターには、

「渋谷のMETRO’S、お嬢様聖水売り切れとる」
「飲みたいけどどこにも売ってない」

という書き込みがあり、男性ばかりが購入しています。

しかも、
「さすがに会社には持っていくのはつらいな」
「買った時の女性店員の眼差しが忘れられない」
という声から察しがつくように、
多くの購入者は商品名の「聖水」から「完全に別のもの」を感じ取って購入しています。

笑うに笑えません!

先日のルミネCMの大炎上も、
このRIVALAND社のネーミングミスも、
会社の人事制度や風土文化まで疑いたくなる
「さすがに、ここまでのミスはありえない」
というレベルのミスです。

戦術も戦略もミスだらけで、
顧客心理を考えてないし、
アイデアは広範囲な知識から生み出さないといけないのに、
それも怠ったように感じます。


私は大きなプロモーションには関わっていませんが
同じマーケッターとして、状況がすごい不安です。

なぜなら、商品名の「聖水」から
「完全に別のもの」を感じ取っている方々は、
こんな楽しみ方をされています。

なお、ここからは女性の方と真面目すぎる方には、
インパクトのありすぎる画像が並びますので、ご注意ください。



色と名称が妄想を引き起こす「お嬢様聖水」



缶の底に穴を開けるという悪ふざけは既に定番に!


便器型容器をコップ替わりに


フィギュアのパンツを飲み口に合わせるのも好評


このことを取り扱った動画も出ました。




RIVALAND社の人気商品「お嬢様酵素」が、
これで売上を伸ばすことは、きっとあり得ません。

だから、会社の規模は違いますが、
同じ会社経営者として同情してしまいます。



誰か止めてあげられなかったのかしら。
本当に残念です。



ネーミングで売上をアップさせた事例

では、ネーミング変更で売上アップした商品には、
どんなものがあるのでしょうか。


・「モイスチャーティッシュ」から「鼻セレブ」で売上4倍
・缶コーヒー「WEST」から「BOSS」で売上2倍
・「フレッシュライフ」から「通勤快足」で売上10倍
・「ゴールデンパティ」から「おはようポテト」でシェア3~4%から14%に


他にも、
・「豆ダッシュ」→「チョロQ」
・「みだくなす」から「洋ナシ」。そして「ラ・フランス」がダントツでうれまています。
・「圧力鍋」から「活力鍋」
・「薬用ミューズ(アース製薬)」から「キレイキレイ(ライオン)」で市場逆転。
・男前豆腐や俺のビストロなどもあります。

参照元:http://kaola.jp/ まとめNEVAR http://www.j-cast.com/

いかがでしょうか?

ネーミングが成功するかどうかで売上はまるで違ってきます。

ぜひ、ネーミングをよ~く考えてつけてくださいね。

【お願いがあります】
マインドックのFacebookページの「いいね」を集めています。
今回のブログが面白かったという方は
以下、URLから「いいね」していただければ幸いです。
ご協力、よろしくお願い申し上げます。

   ↓  ↓
http://goo.gl/hR4fQL  

Posted by マインドック有限会社 at 16:35Comments(0)

2015年06月30日

ブランディングを考える 大塚家具のお家騒動



大塚家具のお家騒動、すごかったですね。

娘さんが勝利しましたが、
「ダメよ、ダメダメ~」
観ていて思いました。

顧客心理を考えていないとしか思えません。


しかも、今回のお家騒動は今後も続きます。

勝久氏(父)が約18%を保有する筆頭株主である事実は変わらないので、
意見を無視することができないからです(--;)

まぁ、それは良いとして(良くないんだけど)
今回のお家騒動が会社に及ぼす悪影響を考えてほしかったです。






株主総会後の動画を観てください




この動画の中で質問されているように、
大塚家具のお家騒動は、

社長を誰がやるかで話題になったのでなく、
経営方針で話題になったのではなく、
親子喧嘩だから話題になったのです。

そのことの自覚が久美子氏にはありません。

家庭の団らんを象徴する家具を販売しているのに、
親子喧嘩はマズイです。

これはブランディングに傷がつきます。


 大塚家具=親子喧嘩


一般客の潜在意識に、このようにインプットされましたから、

「これ、大塚家具で買ったの」
と口コミされることはなくなります。


だから、コンプライアンスなんて
カッコいいこと言っている場合じゃありません。

失った家族の団らんのイメージを
どうやって取り戻すのか!

そこが急務です。


日本人の判官贔屓(はんがんびいき)

家族の団らんをイメージさせる商品を販売していて、
今回のように父母を追い落とすという行為は
ブランディングに傷がつくのでやってはいけません。


まして、父母が弱ってきている場合、
子ども側が父母を追い落とすような行為は、
子ども側が無思慮で思いやりがないと判断されます。

日本のように親子の親密度が高い国では、
親が悪人であっても公共の場での批判はNGです。

親を批判すればするほど、顧客からの信頼を失います。

だから、日本というマーケットで仕事をする限り、
親を尊重し守り愛するという姿勢は崩してはいけません。

ところが久美子氏、そのような発言がありません。

日本人の宦官贔屓(はんがんびいき)の怖さを
久美子氏は知らないのでしょうかねぇ。
※宦官贔屓とは、〔源義経が兄頼朝に滅ぼされたのに人々が同情したことから〕
弱者や薄幸の者に同情し味方すること。また,その気持ち。大辞林 第三版


ロジカルに話して投票されたからって、
それで良いというものじゃ
マーケティングはないんですけど・・・。


私なら、こうアドバイスします

さて、潜在意識を味方につけて
情緒的にも勝つことが集客や売上アップに重要です。


ですので、今回のお家騒動。
私が久美子氏のコンサルタントとして入っていたら

 「会見では、こう言いなさい。

  ”父とは経営方針が違いました。
  父が作り上げた大塚家具を存続させるために、
  また、社員の方々の生活を守るために、
  尊敬する父ですが退陣していただくしかありませんでした。
  
  親子で法廷で争うようなこともしたくありませんでした。
  父にすべて従ってあげたかった。
  でも、それでは父の作りあげた大塚家具がなくなる。
  父を大塚家具創業者として歴史に残すために
  苦渋の決断をいたしました”

  そうして下を向いて涙をぬぐうのよ」


そう言います。

ネットで、
 娘「お父ちゃん、ごめんな、株主総会では、ひどいことゆうて」
 父「ええねん、ええねん、テレビのトップニュースでも取り上げてもろたし、
 ごっつい宣伝効果があったやろ」
 娘「せやけど、ウチらもう外で一緒にご飯食べられへんで」
 父「しゃーない、しゃーない、タダでPRしてもろてんから、それくらいは平気や。
   それより、知名度はアップしたんやし、4月からセール頼むで」
 娘「うん。お父ちゃんに、ようやったゆうてもらえるようにがんばるわ」
 裏でこんな会話があってほしいと思います。親子なんだから。(なぜか関西弁)出典元:鈴木の知り合い
という書き込みにちょこちょこ出くわすのですから
マーケットは、そういう展開を望んでいるわけです。


マーケットの反応予測、簡単すぎます(笑)

彼女は女性ですから、
最後に泣いたぐらいで株主の評価は下がりません。
そのうえ、

大塚家具を購入すること=身を挺して親を守ること

と一般大衆にインプットできます。

そうしたら、

大塚家具を購入=良い息子・良い娘・良い婿・良い嫁

というアピールができるので、

高くても大塚家具を購入する息子・娘・婿・嫁が大発生します。

だって、私の父が生きていたら、
今の状況で大塚家具を購入した場合
 「お前は俺に文句があるのか!」
と怒りますが、

久美子氏が上記のように発言した後なら、
ご近所に
 「わが娘は大塚家具を私に買ってくれたんだよ」
と吹聴しまくると思うんですよね。
お父ちゃん、素直すぎやん(なぜか関西弁)

あなたは、今の状況で
大塚家具を購入したと親に言えますか?


そこを経営者なら考えなければいけなかったのです。

投げ売りぐらい安かったなら別ですが
今の状況で高い大塚家具を購入して、
親に報告する勇気なんて私は持てません。

だから、久美子氏(娘)が勝利しましたが、
「ダメよ、ダメダメ~」なんですよ。

大塚家具の存亡は、
顧客心理の理解にかかっています!


どこかで久美子氏に
「親への感謝と愛情を表明してほしい」

そう考えている鈴木です。

参照元:http://diamond.jp/articles/-/69603
    http://www.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/129957/040200001/
    http://ironna.jp/theme/171
    http://ironna.jp/theme/199

以下のことも会社経営で起こる問題です。
合わせて読むと面白いですよ。

創業者の不信感    http://ironna.jp/article/1043
事業継承という大問題 http://ironna.jp/article/1045

 集客のために広告を出している社長さんの97.5%は、
 お金を出して集客できない広告を出している!
 
 「失敗VS成功・広告事例集」無料配布中

 ⇒ http://bestmindoc.com/present/  

Posted by マインドック有限会社 at 16:05Comments(0)

2015年06月30日

誰に売るのか決まってますか? ルミネCM炎上



ルミネのCM、炎上しましたね。

その前のCMが斬新だったので
「今回のテイスト変えて、私(僕)目立ちます!」
と誰かが意気込んじゃったのではないかと疑いたいほど
顧客視点が抜けていました。

前のCMはこれです!
(現在非公開)


今回の炎上したCMについてひかわ玲子@hreikoさんは、
  ”話題のルミネのCM……もしかして、
  その前の、AyaBambiさんのルミネCMが
  先鋭的過ぎて社内上部への評判が悪く、
  「もっと一般的な」という要望に
  誰もやる気なく作ったらああなったであって欲しい。
  このCM作った人が関わっていると思えない。”
と書いています。

まぁ、先鋭的過ぎて社内上部への評判が悪いなんてことは
ないと思いますが(笑)。

前回のCMは、もろイメージ広告です。

そのうえ、インパクトはありますが、
ルミネのCMという印象より、
AyaBambiさんの作ったCM。
だから、CMとしては失敗だったのでしょうね。

中小企業は絶対に作ってはいけないCMです。

でも、それ以上に今回炎上したCMがダメすぎます。

何がダメって、顧客になる女性の視点が〇っと抜けています。


セクシャルハラスメントで女性の怒りを買ったのですが、
もっと詳しく女性たちの本音を書くと


「全部の男性に向けて私がオンナをアピールいるみたいじゃない?」
「職場では仕事を優先させています」
「これだけ仕事しているのに男ウケだけ狙っているように描かないでよ」
「職場でプライベート出すと怒るのに、
 男のほうが仕事に関係ないこと持ち込んでいるじゃない!」
「なんで女性ウケが悪いタイプのほうが立場が良いのよ」
「女性同士のポジション確認について、外部から言われる筋合いはない!」
「せめてイケメンに『寝てもそれ?』のセリフを言わてよ!」
「ブサイクでも男なら良いワケ???」

などなどだと思います。


そこで、コミック無職【中村珍】さんの改善案では、こうなっております。











参照元:月刊コミック無職【中村珍】


女性の視点を取り入れて集客ができる会社が少ない

「会社の中で誰か止めなかったんでしょうか?」
との意見もありますが、
誰も止めなかったからこそ公開されたCMですよね。

私が女性の商品選びの基準について
男性とは違うということを大々的に語っていたのが2010年頃。

女性感情マーケティングという切り口でセミナー開催していました。

あれから5年もたつのに
まだ、こんな女性の視点を無視したCMが流れるんですよね。

自分の会社の顧客は誰か?
誰に売って商売しているのか?

〇っと抜け落ちていると、
こういうCMを作ってしまいますから注意してください。


結論から言うと、
まだまだ女性の視点を取り入れて集客ができる会社が少ないってことです。


化粧品、飲食、美容、アパレルなど女性対象の業界でこんなもんですから、
他の業界も、おって知るべし!
多くの経営者は、まるで女性の視点なんて持っておりません。

だからこそ、
住宅、リフォーム、不動産、保険、投資、旅行、医療、健康器具など、
女性の影響力が強く出る業界で、
女性に向けてアピールできる宣伝ができたら簡単に集客できます。

集客で大事なのは顧客目線ですから、
ルミネの経営者さんも
誰に売っているのかは自覚して欲しかったですね。
そうして、販売する対象顧客になりきって考えられれば、
集客で、こんな間違いは起こさなかったはずです。

心理学に3000万円も投資しちゃった私の強みの一つが
顧客になりきって宣伝を考えられるってことです。
だから結果が出るんです。


常に顧客になりきることに注力しているので、
顧客になりきるどころか、
勝手な妄想で大金使って炎上させちゃったルミネのCM、
残念過ぎて笑っちゃいます!

まぁ、顧客になりきるのって本当に難しいので、
私も毎回、悪戦苦闘しております。

それでも顧客視点を持たなきゃいけないのが商売の基本です。

ルミネ・マーケティング部隊の次に期待したいと思います。

 集客のために広告を出している社長さんの97.5%は、
 お金を出して集客できない広告を出している!
 
 「失敗VS成功・広告事例集」無料配布中

 ⇒ http://bestmindoc.com/present/  

Posted by マインドック有限会社 at 15:42Comments(0)

2015年06月30日

まだまだ、あなたの商品は売れる



前にペットロックのことを紹介しました。
上記の写真がペットロックです。

  1975年クリスマスのアメリカで
  石に目を付けただけの商品が大ヒットとなり
  6億7400万円売上ました。

前は、このペットロックを使って
アイデアをコンセプトにまでする必要がある話しを書きましたが、
今回は、商品の成長曲線について書きます。

理由は、一発逆転を狙って会社をつぶす人を
多く見かけるようになったためです。


一発逆転を狙うなら、
成長曲線のことを知っておいたほうが良いです。

いや、知らないと危険です。

そうして、
「売上の伸びが少ない」という方も、
成長曲線のことを知っておいたほうが良いです。

知っておくと戦略が作りやすいですよ(^^V)。


急だと急に赤字かも

ペットロックは6億円売上ましたが、
たった半年で人気がガタ落ちしました。

同じように社会現象になるほど爆発的な人気を誇った「たまごっち」。

人々が徹夜で店に並ぶ様子が連日報道されました。
その結果、たまごっちを持っていることが一種のステータスとなり、
忙しい人向けの「たまごっち託児所」なる預かり所が登場したりしました。

これも、数か月後にはブームが沈静化しました。

同じようにブームになった商品は、
だいたい短い期間で売れなくなります。

しかも困ったことに


  ”それまでに経験したことがない大ブームに
  大増産を行ったバンダイは不良在庫の山を抱えることになり、
  在庫保管費などが経営を圧迫、1999年3月にメーカー在庫250万個を処分。
  60億円分もの在庫を抱え、最終的に45億円の赤字となった”

とWikiに書かれているように赤字になるケースが多いです。





それは成長曲線の原則を知らないからです

マーケティングでは、
成長曲線が急激にアップした商品は、
急激に下がる商品と考えるのが基本です。

逆にダラダラと売れるようになった商品は、
ダラダラと売れなくなる商品と考えるのが基本です。

つまり、

 一発逆転狙って上手くいったら、
 サッサと勝ち逃げしないと危険。

 ダラダラ売れるようになったなら、
 売れなくなってきても
 じっくり次の戦略を考えることが可能。

ってことなんです。

そのうえ、

 ダラダラ売れるようになった商品は、
 まだピークが来ていない場合が多いので、
 マーケティングで売上アップできる可能性が大です。


40年前は誰も知らなかった商品・サービスが売れています


先日も、ある特殊な治療法のご相談を受けたのですが、
その治療法は私が10年以上前から知っているものでした。

知っている人が多くなったゲルマニウム温浴や
鍼灸の先生が使うようになったオーリングテストや、
スピリチュアル業界ではスタンダードになったレイキも、
私が最初に知ったのは約40年前。

ですから、ご相談を受けた治療法も
まだまだ一般的ではありませんが、
これから陽の目を見ていく治療法だと思います。

成長曲線から言ったら
まだ導入期かな?


というわけで、
次回は「成長曲線の導入期」について書くかもしれません。

お楽しみに!
  

Posted by マインドック有限会社 at 15:18Comments(0)1.ビジネスモデル

2015年06月30日

肉フェスが盛り上がり続ける理由



私は幼い頃から肉が苦手でした。

実家のカレーの中の肉が食べられず、
いつも姉に肉をあげていたほど。

ですので、もう40年近く
肉や魚は食事量の10%ぐらいしか摂取していません。

しかし、世の肉好きさん割合は
どんなにロハスが流行しても、
食糧危機のための菜食が叫ばれても
いっこうに減っていない気がします。

だから『肉好き 割合』でググってみました。


そうしたら、
@niftyの何でも調査団に
【肉についてのアンケートランキング】
を見つけました。

そこに書かれていたのは、

【肉はどのくらい好きですか】


【どのお肉が好き】


【肉料理は何が好き】


やっぱり肉好きさんが多いんですね。

それなのに、
この調査はちょっと質問が良くなかった気がします。

【そのぐらいの頻度で食べますか】


朝が卵としても
あと昼と夜のご飯で4回。

その中で1回だけがお肉って本当でしょうか?

他のランキングも楽しく観させていただきました。

参照元:@nifty何でも鑑定団

さて観てきた結果は、
イギリスのようにフィッシュフライがファストフードになることは
日本ではなさそうですね。

ということで、
飲み屋で「からあげ」は定番です!
幹事役をする時は、ちゃんと入れましょうね(笑)


なお、GWに開催する「肉フェス」情報は
こちらから、どうぞ!

  ↓  ↓
http://www.sankei.com/economy/news/150310/prl1503100133-n1.html  

Posted by マインドック有限会社 at 15:04Comments(0)

2015年06月30日

プチ富裕層を狙え!



世帯年収が1000万円前後というのがプチ富裕層の定義。

私としては、この層がプチ富裕層
と言われるようになっている現状のほうが不安です。


さて、そんな私事は放っておいて・・・

ネット行動分析サービスを提供する
株式会社ヴァリューズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻本 秀幸)が、
マーケティング分析サービス「VALUES eMark+」を使用し、
全国のモニタ(約20万人規模)のうち、
世帯年収が「1000万円以上」と回答した人を分析ターゲットとし、
2015年1月度の実際のネット行動ログデータを解析

プチ富裕層が観るのは、

◆男性は高級車、ゴルフ、マンション経営のサイト。
 女性は一休.com、百貨店・アパレルECが強い。
◆20~40代の男性では「一休.com」「トリップアドバイザー」「エクスペディア」など旅行系が上位。
◆医療系、旅行予約サイト、高級車、ゴルフ場予約サイト、受験情報メディアなどとの親和度が高いことが判明。

という情報が得られました。


しかも、
【サイト訪問者全体に占めるターゲットの割合】が
高い順にランキングしたものを観ると、
1位と2位はいずれも医療従事者のみが利用できる医療情報専門サイト「m3.com」となり、ターゲット含有率は約4割にのぼっています。

医療関係者は、これからも所得が高くなるでしょうから、
個人客を狙うなら医療関係者が良いでしょう。








ここまでは一般的な情報です。

では、なぜ私がプチ富裕層を狙えと言うのかというと、
この収入帯の世帯が一番お金を使うからです!


私たちの頭の中には、1000万円からお金持ちと入っています。
その証拠に、書籍でも
『バカでも年収1000万円』
『電子書籍で1000万円儲かる方法』
『FXで1000万円稼ぐ本』
など1000万円本がいっぱいです。

だから、この層からお金使いが荒くなります。

どういうわけか800万円層は借金がないのに、
1000万円層は、借金している人の割合がグッと高くなります。

そのくらいプチ富裕層はお金を使うので狙い目です。

ただし、年齢層でも地域でも差がありますよ~。



なお、この情報の使い方は自己責任でお願いいたしますね。

メルマガにも書いた通り、

 マーケティングと道徳は
 一致しないことが多々あります。

 どこまで実行するかは本人次第。

 私は知っていることを言うだけです。

 私としては、
 優しいこと言って酷いことするより、
 真実を言って最善を目指したいんです。

 絵に描いた餅は食べれないから嫌いです。
 それならサトウの切り餅にしてください!


という考え方ですので(爆)。

よろしくお願い申し上げます(爆2)。

 集客のために広告を出している社長さんの97.5%は、
 お金を出して集客できない広告を出している!
 
 「失敗VS成功・広告事例集」無料配布中
 ⇒ http://bestmindoc.com/present/  

Posted by マインドック有限会社 at 14:49Comments(0)

2015年06月30日

あなたはどう使う?位置情報を取得する新技術「ビーコン」




東京駅は迷路のようで、迷子になった経験がある人も多いのではないでしょうか。

そんな人に朗報です。
JR東日本は2014年12月に「東京駅構内ナビ」の実証実験を開始しました。

出典:http://www.jreast-app.jp/s-navi/

スマートフォンにアプリを導入すると、
構内における現在位置をスマートフォンに表示したり、
目的地までのルートを案内したりする機能を利用することができます。
歩く方向によって地図が回転する機能もあるため、地図を読むのが苦手な方にも便利です。


屋内の位置情報&スマートフォン

このアプリは「ビーコン(Beacon)」と呼ばれる技術に基づいています。

ビーコンは位置情報サービスを実現する技術です。
従来はGPSが位置情報を測定する中心技術でしたが、屋内では使えないという欠点がありました。
ビーコンは屋内でも利用が可能であり、最新のスマートフォンに相次いで導入されたため、
今、最も注目されている技術の一つとなっています。



ビーコンはユーザーの位置に基づいた情報提供に強みがあります。

駅構内の他にも、図書館・水族館といった商業施設内でのガイドに利用され始めています。
野球場では、自分の好きなビールの銘柄を販売している売り子を見つけ出し、注文するサービスが導入されました。
出典:http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20140825_663365.html

また、特定の場所にいる見込み顧客に情報を送信する使い方にも活用されています。
映画館では、映画鑑賞後に、次回の予告や前売り券の情報を送るキャンペーンが実施されました。
出典:http://www.sankeibiz.jp/business/news/150526/bsj1505260500002-n1.htm

京都市交通局の京都市営バスでは、ビーコンを利用して、
バスがもうすぐ到着することを通知するサービスを開始しました。
出典:http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20141104_674245.html

さらに、ビーコンは施設での来場者動向の把握にも利用されています。
無線関連の展示会「ワイヤレスジャパン 2014」では、
来場者がどのような動線で歩いたかといった情報を取得したり、
ブース近辺を通った来場者に出展者の情報に関するメッセージを送ったりしました。

また、名古屋工業大学はビーコンを利用したセンサー端末を開発し、
認知症高齢者徘徊捜索への活用を目指しています。
出典:http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/20141128_677968.html
子供やお年寄りが移動したり、危険な場所に近づいたたりした際に、
家族や知人にメッセージを送信するという活用方法についても検討されています。

ビーコンはこれから普及していく技術です。
技術そのものには価値はなく、それをどのように活用するかが重要です。


リアルタイムな位置情報を利用して、顧客に新たな価値をもたらすのがビーコンの目的です。

新たな技術やツールは話題性もありますから、集客に活用することが簡単です。

あなたの業界では、どのように活用できるか、
考えてみてはいかがでしょうか。

  

Posted by マインドック有限会社 at 14:28Comments(0)

2015年06月30日

オンラインとオフラインの融合!和歌山でアメカジが流行る理由



初めてソーシャルメディアを使ったのは何歳のときですか?

Facebookの創業は2004年、Twitterの創業は2006年です。
現在の経営者層の方々からすると、つい最近といった話でしょう。
しかし、現在の中高生からすると、
物心ついたときにはソーシャルメディアが存在していたことになります。
ソーシャルメディアが生活の一部になるのは自然な流れでしょう。

多くの若者にとって、オンラインとオフラインに境目はありません。
口コミに影響されるのと同様に、
ソーシャルメディアでの書き込みにも影響されます。
小売店とEコマースの違いもありません。
店舗で見つけた商品を、スマートフォンで検索し、
Eコマースの方が安ければ、その場でネット注文してしまうこともあるでしょう。


区別に意味はない

現代のマーケティングにおいては、
オンラインとオフラインを区別することに意味はありません。


どちらのチャネルにおいても、適切なメッセージを発信しなければなりません。
同時に、チャネルの特性にあったキャンペーンを展開することで、
より高い販売促進効果を得ることが期待できます。



オンラインでは低いコストで口コミを創り出すことが容易です。
イベントの告知などがソーシャルメディアで多くの「いいね!」を集めていれば、オフラインでは考えられない数の見込み顧客にアピールすることができます。

一方で、ユーザーの体験はオフラインに分があります。
一行のテキスト広告よりも、ショップスタッフの説明の方が圧倒的にユーザーの印象に残ります。
実際に商品を手にとることで得られる安心感はオンラインでは得がたいものがあります。













和歌山で若者を中心に流行っているお店がしていること

和歌山でアメリカン・ストリートカジュアルを中心に扱う衣料店「LEGAL(リーガル)」は若者を中心に人気を集めています。


「店に来た高校生に『ツイッターの方がみんな見ている』と教えられ、
毎日投稿している」と店主の坂本成吾さんは語ります。
現在では、Twitterのフォロワーは数百人を数えます。

オンラインの告知の一方で、「店頭販売を大切にしている」「買い物をしなくてもいいから行きたくなる、そんな場所にしたい。
店で知り合った人同士が一緒に服を選んだり遊びに行ったり、そんな場所がこの街にもっとできてほしい」というオフラインでの体験も忘れません。
出展:http://wakayama.keizai.biz/headline/388/


オンラインとオフラインの二つのチャネルの隔てなく消費者と接触することを通して、うまく集客ができている良い例といえるでしょう。

お客様がどのように行動・消費するかは、
お客様とのあらゆる触れあいから理解できるのではないでしょうか。

あなたは、お客様と触れあうように心がけていますか?


参照元:http://smmlab.jp/?p=32050
http://thecontentmarketing.com/online-offline-marketing/  

Posted by マインドック有限会社 at 14:19Comments(0)

2015年06月30日

お金を節約するためにお金を払ってもらう



ランチパスポートが話題になっています。

ランチのガイド本であり、掲載店舗で冊子を提示すると、ランチを500円で利用できるようになります。


700円以上で提供されているランチが500円で食べられるので、
数回使用するだけでガイド本の購入代金以上に節約できることになります。

ランチパスポートで節約した金額をブログでアピールする消費者もいます。
出展:http://geen-probleem.com/241.html

利用期間が3ヵ月間と区切られているので、
ランチパスポートの購入者はランチで外食する意欲が増します。

新宿・渋谷などの東京各地の他に、
広島・静岡などの地方都市もカバーし、全国28カ所で発行されています。
掲載店舗は1冊あたり約80~100店舗あり、
新刊発行の際に、一定数の店舗が入れ替えられます。

プッシュよりプル



広告を掲載し値引きを提供するビジネスモデルは一種のクーポンとみることができます。
クーポンは、ホットペッパーなど多くのサービスがしのぎを削る、競争の激しい業界です。
その中で、ランチパスポートはなぜ注目をあびているのでしょうか?

理由はガイド本という位置づけにあると考えられます。


クーポンは金銭的なメリットを中心とした広告が企業から消費者へ発信されます。
一方、ガイド本は、情報を求める消費者が積極的に受信します。
企業から見て、顧客への歩み寄り方が逆方向になっています。

この戦略の違いはプッシュマーケティング、プルマーケティングと表現されます。
・プッシュマーケティングは、ダイレクトメールのように売り込みを行う戦略です。
・プルマーケティングは、ブログなどの魅力的なコンテンツを用意し、消費者が自然に商品を見つけるよう仕向ける戦略です。

特に、情報が氾濫するインターネット上では、消費者が目にする広告が非常に多くなっています。
そのため、プッシュマーケティングよりもプルマーケティングの方がより購買意欲の高い顧客層へアピールすることができると期待されています。


ガイド本は一種のプルマーケティング



ガイド本という形式をとることで、消費者は自然とランチの情報を手にすることになります。


企業から発信されたクーポンよりも、自分で入手したガイド本のほうを利用したくなる心理があるのでしょう。
また、無料で獲得したクーポンよりも、有料で購入したクーポンの方が「元をとりたい」という気持ちになるので、使用頻度が向上していると考えられます。


有料のクーポンという革命的なビジネスモデルにより注目をあびているランチパスポートは、高知県の「ほっとこうち」が2011年に創刊しました。

ランチパスポートが、
ホットペッパーと同じクーポンを配る広告本にならない限り、一定数の需要は見込めますので、
今後の展開に注目です。

参考資料
http://www.hotkochi.co.jp/
http://hiroshima.keizai.biz/headline/1807/
https://blog.kairosmarketing.net/marketing-strategy/pull-push-marketing-tactics/  

Posted by マインドック有限会社 at 14:05Comments(0)

2015年06月30日

経営者のための行動基準



あなたの会社が得意
あなたやあなたの会社の従業員が好きなことで、
お客様が求めるものがあれば、
そこに事業としての勝機がたくさんあります。


経営をして行くうちで
この3つの中、欠けて良いのは
「好きなこと」だけです。

しかし、好きなことは
得意になる可能性が高いのと、
楽しむことでアイデアがわきやすく、
上手くいかない時の踏ん張りができるので、
私は「好きなこと」であることも
競合他社に勝つために大切だと考えています。

さて、事業としては、
得意×好き×お客様が欲しがる
で良いのですが、
内部の作業としては、そうはいきません。

得意でなく好きでなくても、
どうしてもしなければならない作業があります。


たとえば、
顧客名簿の整理が苦手で大嫌いとか、
会計帳簿をつけるのが苦痛でわかんないとか、
人によってはお客様の接待は身体がもたないとか、
私たちも人間ですから、
どうしても得意になれず、しかも嫌いということがあります。

でも、得意でなくても好きでなくても、
顧客名簿の整理はしたほうが事業にとって有益です。
会計帳簿つけておかないと税金を多く払う羽目になります。
お客様の接待だって、有効だから行われているのですから、
やったほうが売上はアップします。

そこで今日は、作業をどうするかというノウハウをご紹介します。


分類項目は3つだけ

分類は、
1.やるべきVSやらなくても大丈夫
2.得意VS不得意
3.好きVS嫌い
で行います。


 なお、1.のやるべきVSやらなくても大丈夫は、
 経営にとって、やるべきVSやらなくても大丈夫という基準です。
 あなたの「やるべき」が経営にとって有益でなく売上に貢献しないなら除外ですよ。
 よろしく。

 パターン1:やるべきことが得意で好き
 お客様のニーズがある場所だったら、
 そこに集中しましょう。富の源泉です。

 パターン2:やらなくても大丈夫なことが得意で好き
 悲しいですが、仕事としては即刻中止です。
 ついつい作業しちゃう領域ですから注意しましょうね。

 パターン3:やるべきことが不得意で嫌い
 外注を使いましょう。誰か雇いましょう。
 内製化だけは避けてください。

 パターン4:やらなくても大丈夫なことが不得意で嫌い
 やらなくて大丈夫なことはやっていませんよね。
 不得意で嫌いで良かったですね。

 パターン5:やるべきことが不得意で好き
 ついつい作業してる可能性が高い領域です。
 他人に任せる勇気を持ちましょう。
 得意になる努力ができる領域ですが、
 得意になるまでは委託しましょうね

 パターン6:やらなくて大丈夫なことが不得意で好き
 ついつい作業してる可能性が高い領域です。
 やっちゃダメですよ~。

 パターン7:やるべきことが得意で嫌い
 指導して社員にやらせるのが一番ですね。
 ただし、社員はクオリティを求めるあなたにウンザリするかも(笑)

 パターン8:やらなくても大丈夫なことが得意で嫌い
 他人から評価されても全然嬉しくない領域ですね。
 やらなくて大丈夫なんてラッキーな自分を褒めてください。


やるべきことに集中しましょうね

1.やるべきVSやらなくても大丈夫
2.得意VS不得意
3.好きVS嫌い
の分類。

時間がたってチェックすると
やらなくて大丈夫なのに好きなことに
時間を使っている自分に出会うことがあります(苦笑)。

人間だから仕方ないですが、
そこをコントロールできてこそ経営者です。

自由になりたくて独立起業する人がいるのに、
好きなことでは食べられず、
1年で6割の会社がつぶれる理由は
この『やらなくて大丈夫だけど好きなこと』を
手放せないメンタルにあります。

会社経営ってシビアです(^^;)。

優先順位をシビアに決めてドライに実行していくことが
経営者に求められる資質です。

ぜひ、年に数回は
1.やるべきVSやらなくても大丈夫
2.得意VS不得意
3.好きVS嫌い
でチェックして作業の見直ししてみてくださいね。


国内最大の製造技術・建設技術・ライフサイエンスのデータベースである
イプロスに何回も取材されているクライアントさんの一人、
日本ブロアーの金子一光社長がわかりやすい図表にしてくれました。

本当にわかりやすくなりました。
金子社長、ありがとうございました。


スウェーデンで開発された体温上昇防止服など
電子機器技術で貢献する金子社長の会社:日本ブロアー株式会社
http://www.nipponblower.com/
金子社長の会社製品の取材記事が載る
国内最大の製造技術・建設技術・ライフサイエンスのデータベース、イプロス
http://www.ipros.jp/  

Posted by マインドック有限会社 at 13:54Comments(0)鈴木貴子のプライベート

2015年06月30日

真実がみえれば成功できる



私たちが疑いもせずに信じていることには
正しくないことがあります。


この正しくないことと言うのは、
「有益でない」「有効でない」という意味です。

特にデータの取り扱いは要注意です。

今日は、データを疑うことで観えてくる真実がある話を書きます。


出典元があやふや

あるセミナーで
「宗教に入る7つのきっかけ」
という話を聞きました。

そのセミナーはマーケティングの解説セミナー。
講師の方はターゲットを
「宗教に入っている人」「スピリチュアルに惹かれる人」
としているので、確かなデータだと思うのですが、
出典元が書かれていなかったので調べました。

まずはインターネットからということで、
いくつかのキーワードの組み合わせで、
検索ページを10ページ(100リンク)づつ観ました。

合計1000ページ以上観たのですが、
「う~ん?出てこない」。

その方は、信用しているのですが、
だからといって出典元とがないデータを
鵜呑みにするわけにはいきません。




それが、
1.経済的な問題・・・・・・・・26%
2.肉体的・身体的問題・・・・・25%
3.家庭的な問題・・・・・・・・20%
4.職業的な問題・・・・・・・・15%
5.仲間外れやいじめの経験・・・10%
6.宗教の教祖に共感・・・・・・10%
7.立ち直り・・・・・・・・・・ 7%
とパーセント表示までされていても、
いかにも「ありそう」でも、
これは『意見』として考えないと危険です。


出典元があっても条件設定をみる

また、出典元があっても、
データは調べる方法によって、
回答も変わってきますし、
対象者によっても違いますので、
もし活用する時は、条件設定まで考える必要があります。

なぜ考えなければいけないかについて
【平均寿命】を例にとって説明してみましょう。


平均寿命を
『厚生労働省の平成25年簡易生命表』
から観てみると、
男性が80.21歳 、女性が86.61歳となります。

『平均寿命は男性80.21歳』と聞くと、
なんとなく『80歳ぐらいで死ぬんだな』と考えてしまいますが、
知っていますか?

平均寿命は”0歳児が、あとどのくらい生きるのか”ということなのです。



『0歳児の平均余命』が男性が80.21歳 、女性が86.61歳なだけ。
ですから、
現在の81歳男性の平均余命は8.05歳もあります。
90歳になっても4.26歳あります(爆)。

自分の平均余命が知りたい方は、
男性は http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life13/dl/life13-06.pdf
女性は http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/life/life13/dl/life13-07.pdf
をご覧くださいませ。

この平均寿命と言われるものが、
実は0歳児の平均余命だと知らないで、
両親の介護費用を計算したり、
自分の人生計画を立てたりしたら、どうなりますか?

失敗するのは目に見てています。


それなのに、介護事業をしようとしているのに、
平均寿命で予定を建てようとする人がいました。

あまりに危険なので、この話を本日しています。

また、
「2人以上で暮らす家庭の、金融資産(貯蓄)の平均値は1182万円」だって、
すごく貯蓄額の多い人がいるから1182万円となるだけで、
貯蓄額が0円の家庭だって3割近くあるのが現状です。
出典元:http://www.shiruporuto.jp/finance/chosa/yoron2014fut/pdf/yoronf14.pdf

データは鵜呑みにせずに、
ちゃんと出典元を調べましょう。

そのうえで、
何をどんなふうに調べたのか?
条件設定を調べて、
本当は何の証拠として使えるのか?
そこまで考えて使いましょうね。


キャッチコピーとして
「人は話し方で9割決まる」とか、
「統計学が最強の学問である」とか書くのは有益ですが、
それを鵜呑みにすると危険です。

出典元と前提条件、データ抽出方法などの条件設定を調べて、
何の証拠やデータとして使うか、
ちゃんと自分で判断することが重要です。


絵に描いた餅は食べられません。
真実は何かが見分ければ成功の確率は大幅にアップします。

ぜひ、デ―タを注意深く見て、
真実をみつける目を養ってくださいね。
  

Posted by マインドック有限会社 at 13:39Comments(0)

2015年06月30日

信用捨てちゃって良いの? 楽天でステマ発覚!



楽天で11万件の性悪ステマ?

ステマという言葉をご存知ですか?


ステマという言葉を知らなくても、
インターネットが普及した今、
多くの人達がステマを目にしています。

ステマとは、ステルスマーケティングの略

「ステルス」は「こっそりとする」という意味の英語です。
「マーケティング」は「企業が商品等をより売るための活動全般」のことです。

よって、ステルスマーケティングは
「より売る活動をこっそりとやる」という意味になります。


ところが、この頃、性悪ステマが大流行。

中立的な立場での批評を装って口コミを操作したり、
当の商品と直接の利害関係がないファンの感想を装ったりする
性悪ステマが多くなっています。

性悪ステマを実行する企業は、
評価システム上の評価をつり上げるなどの行為により、
多くのユーザーの目に触れさせ、
またユーザーの商品に対する印象を上げることを主な目的として実行しています。

インターネット上では、ショッピングサイトのユーザー評価の投稿欄や、
ブログ上の体験記、口コミ情報サイトなどが
ステルスマーケティングに利用されやすく、
有名人などがブログでお気に入りの商品を紹介する記事も、
ステルスマーケティングに該当します。

消費者は、体験記、口コミ情報を判断材料にして
商品を選んだり購入する事が多いです。
それは、本当の感想や口コミを知りたいと考えるからです。


ところが、最近の報道によると
楽天で性悪ステマと思われる、
やらせの口コミが11万件もアップされていたことが発覚しました。

150件あたり、約8万円で請け負い、
消費者になりすまし嘘の投稿を行ってもらったとこと!

すくなくとも121件店舗で11万件以上が
架空投稿だったとされています。






ステマは違反なの?

有名サイトである食べログの口コミも、
多くのやらせが発覚しているらしいです。

果たしてステマは、違反として法的問題はあるのでしょうか?

ステルスマーケティングは消費者に広告だと知られない様に
密かに商品の宣伝を行えるため現在人気のマーケティング手法ですから、
多くの企業が、この方法を取り入れています。

ですが、問題になっているのは、
過大な評価や実際のサービスがないのに、
「あるように」嘘を表示した事です。

・使っていない素材なのに、あたかも使っているように表示
・多くの消費者より好評な評価を受けているかのように見せて、安心信頼を得る。
・ブログに掲載してもらい、あたかも使ったような口ぶりで宣伝

などを行うと、
消費者は本当の情報と勘違いして購入してしまう危険性がててくることになり、
不正競争防止法違反となってくる可能性もでてきます。


そういった性悪ステマを出す会社は、
騙される消費者が増えると思っていたようですが、
消費者は、それほど無能ではありません。

最近では、ほとんどの方が過大な広告を信じなくなってきています。
良い評価や口コミを見ても「本当にそうなのかな?」と、
疑う目を持ってきだしたといえるでしょう。

さらには、そんなウソ臭い広告を出せば出すほど、企業の信頼が薄れ
消費者にそっぽ向けられる事にも繋がってきています。


では、消費者が、求めるものとは?

これからの時代、
性悪ステマを使ってやらせの広告を掲載すればするほど、
バレて信用を無くすことになると思われます。

なぜなら、
やらせの広告を見抜いた消費者は、2度と購入しない。
その結果、その企業からの情報をより信用しないサイクルになっていくからです。


そこで、これからの企業体制としては、
架空の消費者ではなくて、
お客様にキチンと書いてもらってステマを実行しましょう。




掲示板やSNSに書いてもらうために、お客様に
「書いてくれたらプレゼントあげます」
「書いてくれたらポイントをつけますよ」
なら、書く内容までコントロールできません。

多くの人は商品購入の後によほど感情が動かなければ評価までしません。
自分の大切な時間を使ってまでステマに協力してくれる顧客は少数です。

ですから、
「書いてくれたらプレゼントあげます」
「書いてくれたらポイントをつけますよ」
ぐらいしないと、キチンと書いてもらえません。

なお、プレゼントでステマ協力を依頼したって
良い評価だけをもらえるものではありません。

物で動くほどお客様は甘くないです!

しかし、ちゃんとした評価や口コミをいただかないと
嘘がバレたら、信用がなくなって、売上が激減しちゃいます。

ですから、架空の投稿にお金を費やすより、
本物の感想をいただき
時には互いに喜び、時にはご指摘を受ける事が、
企業の成長と売上につながってきます。


とにかく「嘘はダメ」です!


人間同士ですから、表現による行き違いは仕方ありませんが、
今回の楽天の性悪ステマは、明らかな嘘です。

「嘘はドロボウの始まり」です。
ドロボウと取り引きしたいお客様はいません。


強力な広告ツールであるステマ。
ぜひ正直に使って集客と販売に役立ててくださいね。

                  
参照元:http://lmedia.jp/2015/03/24/62870/
    http://liskul.com/wm_st6-5140
    http://www.ttrinity.jp/product/1484221#66
    http://n-seikei.jp/2012/01/stealth-marketing-sony.html  

Posted by マインドック有限会社 at 13:24Comments(0)

2015年06月30日

PPC広告が掲載停止になりました



こんにちは。
マインドックの鈴木です。

配信停止になったのは友人の広告です。

今回の内容はアドワーズ広告(PPC広告)
を出していない人には関係のない話のようですが、
PC環境をグーグルに依存している私たちには無関係ではありません。

PPC広告が出せないだけで1年に数百万、
場合によっては1千万を越える売上に影響する方もいるでしょう。

グーグルと使用者の攻防は
今後もはてしなく続きそうです。

お正月明けの5日からアドワーズ広告(PPC広告)の
審査が強化されています。

友人のホームページに
「掲載停止」のお知らせが突然やってきたそうです。

届かないまま強制停止状態になった友人もいます。

アドワーズからは、
———————————————————————–
サイトが強制停止になりました原因は、
AdWords の「誤解を招く広告や現実味のない広告」
ポリシーに準拠されていないと判断されたためでございます。
・・・・・・・
———————————————————————–
こんな内容のメールが届きます。


今回の停止理由から考えるに

グーグルが
・ホームページ掲載内容をチェックしている
・誇張表現に対して厳しくなった
・その他今まで掲載停止の内容を再チェックしている

と考えられます。

背景としては、昨年の1月よりアドワーズが
医療法・薬事法・景表法等に準じて審査を強化したことが考えられます。

これらが関係する業界は
ビフォーアフター表記が全面禁止ではありませんが、
TOPページに表示できません。

今回の強制停止や掲載停止は、
それに対するものが多いようです。

実際に私のところに
他のコンサルタントやPPC業者から
相談が来ています。

プロも対応に苦戦しています。
個人でやっている人は打つ手がないでしょう。

PPC広告の審査は
アドワーズのルールに合わせていれば
よほどのことがない限りは通過します。

ですから、グーグルが
・ホームページ掲載内容をチェックしている
・誇張表現に対して厳しくなった
・ビフォーアフター表記が禁止の業界は特にチェックが厳しい
・その他今まで掲載停止の内容を再チェックしている

ことを自覚して
整体やサプリ業界など、
医療法・薬事法・景表法等が絡む会社は
早急にホームページの内容をチェックしてくださいね。

今後の対策として

・PPC広告だけに頼らないアクセス集め
・信頼あるプロに任せるか情報を随時取得する
・誇張表現など使わない
・信頼されるコンテンツを重視した内容

への移行を行ってくださいね。


特に、アクセスが集まっても
成約しないホームページになっている方は多いです。

損をしたくないなら
コンテンツの見直しは急務ですよ。

頑張ってくださいね。

【鈴木の私信】

私は出張すると地元のスーパーを観に行きます。

今日は金沢市。

金沢のスーパーには、

・小豆の煮たパックが並んでいる
・くずきりがたくさん並んでいる(鍋用)
・山代温泉卵が1個づつ包装されて6個パックで並んでいた

のを発見しました。

金沢市の皆様、

・小豆、家でたくさん食べますか?
・鍋にはくずきりなんですか?
・山代温泉卵はカラがむいてあるんですか?
 それとも、お菓子ですか?

どうか教えてください!

  【引用、転送大歓迎!!】

メルマガに直接申し込みができるようになりました。

ですので、もし、「役に立った」、「面白かった」時は、
あなたの知人友人に、このメルマガを転送。
もしくは下記URLをお伝えいただけたら幸いです。

申し込みページは、こちらです。
  ↓  ↓  ↓
http://goo.gl/WhCjn8

なお、内容の一部商業利用の場合は、弊社にご一報ください。
ご一報いただいた場合、貴社で紹介された旨を
弊社のブログ等でご紹介いたします。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ 

 集客のために広告を出している社長さんの97.5%は、
 お金を出して集客できない広告を出している!
 
 「失敗VS成功・広告事例集」無料配布中
 ⇒ http://bestmindoc.com/present/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■  

Posted by マインドック有限会社 at 12:04Comments(0)

2015年06月30日

配信停止になる動画



こんにちは。
マインドックの鈴木です。

グーグルと使用者の攻防は
youtubeでも起きています。

今流行のYoutubeも、

グーグルのチェックは厳しいです。

私もアカウント停止されそうになったことがあります。

PPC広告と同じように

・掲載内容をチェックしている
・誇張表現に対して厳しくなった
・ビフォーアフター表記が禁止の業界は特にチェックが厳しい
・その他今まで掲載停止の内容を再チェックしている

に加え

音楽や動画の無断利用
絵やポスターなどの著作権問題
が動画なのでさらに厳しいということがあります。

しかも、

・Youtubeの停止命令に対する不服申し立ては、
 英文でしか受け付けてくれない。
・不服申し立てが多いのか対応が遅い。
・理由を明かしてくれない。

という状況です。

それを知っている私は、
ある友人がプロモーション用に作成した動画を観てびっくりしました!

100万円近い金額を支払って作った動画だそうですが

・音楽の使用許可を取っていない。
・個人の肖像権を犯している。

ので、Youtubeから配信停止確実な動画でした(++;)。

作り直してもらうしかありませんが、
「Youtube用として作成したと言われなかった」
と言われて作り直しに応じてくれないようで、
困り果てていました。

・ちょっと勉強して動画作成
・本で観たコピーを真似ただけで文章作成、
・その場限りの反応があるHP作成
・集客人数だけ増える広告作成

本当に迷惑です!、

ビジネスは1年、2年で終わるものではありません。

長く継続して安定させることが大事になります。

ネット広告は常に進化しているので
プロでもついていくのが大変だったりしています。

グーグルの運用ルールは月単位で変わります
今後もその方向性はかわらないのではないと思います。

動画作成してYoutubeで0円で動画配信しようと考えるなら、
グーグルの基準に合わせるしかありません。



グーグルの基準は守って作れる業者は、
まだまだ少ないのが現状です。

もしお困りでしたらチェッ
クいたしますので、
連絡をくださいね。

友人の動画作成したのは、

大手企業のコピーライティングをしていた方と、
同じく大手映像作成会社にいた方のコンビです。

それなのに

・音楽の使用許可を取っていない。
・個人の肖像権を犯している。

の他にも、修正しなきゃいけない箇所が満載でした。

誰でも動画がアップできる時代です。

元からある規則に加えて
グーグルの方針がどうなったのか、
チェックし続けるしかないですね。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
  【引用、転送大歓迎!!】

メルマガに直接申し込みができるようになりました。

ですので、もし、「役に立った」、「面白かった」時は、
あなたの知人友人に、このメルマガを転送。
もしくは下記URLをお伝えいただけたら幸いです。

申し込みページは、こちらです。
  ↓  ↓  ↓
http://goo.gl/WhCjn8

なお、内容の一部商業利用の場合は、弊社にご一報ください。
ご一報いただいた場合、貴社で紹介された旨を
弊社のブログ等でご紹介いたします。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ 

 集客のために広告を出している社長さんの97.5%は、
 集客できない広告にお金を出している!
 
 「失敗VS成功・広告事例集」無料配布中
 ⇒ http://bestmindoc.com/present/

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 Copyright(c) 2001-2015 by Takako Suzuki. All rights reserved.  

Posted by マインドック有限会社 at 11:56Comments(0)