2012年03月09日

数字が語る強力なコンセプト



こんにちは。
マインドックの鈴木です。

私は企業に対し
高いパフォーマンスをあげる社員に対する教育をするよりも、
低いパフォーマンスの社員に対する教育をして、
底上げをしましょうと提案しています。


だって、
パレートの法則から考えても、
そのほうが企業のパフォーマンスが
良くなるんですもの。


◆シンプルだけど強力◆

なぜなら、
高パフォーマンス人材は20%
低パフォーマンス人材は80%
というのがパレートの法則。

全体の売上を10%増やそうと考えたら、

20%の人材に対しては、
50%の能力アップが必要です。
しかし、
80%の人材には、
13%の能力アップでOKなのです。


どっちが現実的か、考えるまでもありませんよね。

そのうえ、
そういう企業は存続する確率が高いのですから。

 確率が高い理由はここに書いてあります。
 『七人の侍』の組織論
 http://blog.tatsuru.com/2010/11/22_1626.php

 目立たず、のぼのぼと
 周囲が知らぬ間に成長して存続するという
 究極の高パフォーマンス企業になれます。

なので、
私の企業研修のコンセプトは、
常に

無理なく無駄なく抵抗なく
80%の低パフォーマンス人材でも
明日から使えるスキルを身につけさせる

というコンセプトです。


このコンセプトで企業研修を行うと
高パフォーマンスの人材は
2倍ぐらいスキルを使いこなすので、

全体的に7%ほどの能力アップを目指せば、
会社の業績は10%アップします。


このように私の
96.5%が業績アップする
企業再建のコンサルティングも
90.4%が満足する企業研修も
シンプルな計算で成り立っています。



そうして、男女差を考慮したマーケティングも、
計算のうえで提唱しています。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ 
 フジテレビ・日本テレビに出演! BtoC集客で売上アップ
 優良客を強力に集客して最短2ヶ月で売上5倍アップの実績
 「集客できる仕組み」を構築する広告プランナー 

 マインドック有限会社 代表取締役 鈴木 貴子(栄美子)

 〒160-0023 東京都新宿区西新宿5-1-17-404
 TEL:03-6304-2301 FAX:03-6862-5930
 URL:http://www.mindoc1.com/
    http://www.bestmindoc.com/
 Mail:main@bestmindoc.com

 集客のために広告を出している社長さんの97.5%は、
 お金を出して集客できない広告を出している!
 
 「失敗VS成功・広告事例集」無料配布中
 ⇒http://www.bestmindoc.com/present.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 Copyright(c) 2001-2015 by Takako Suzuki. All rights reserved.  

Posted by マインドック有限会社 at 05:47Comments(0)

2012年03月08日

成熟社会は両性社会

こんにちは。
マインドックの鈴木です。

先週、おじさんたちに人気のある
内田 樹(たつる)先生のブログに書かれていた

 父親は「晴天モデル」で子どもを育て、
 母親は「荒天モデル」で子どもを育てる、
http://blog.tatsuru.com/2006/11/26_1123.php

というお話をメルマガでも紹介したところ。

おじさん数名から
熱い感想文をいただきました(笑)。

その中の1通をご紹介します。


◆性のクロスオーバー感覚◆

 今日の鈴木さんのメルマガにはびっくりしました。

 タツル君の「七人の侍の組織論」は、
 僕はわざわざコピーして社長と専務に配ったほどでした。

 鈴木さんもタツラーだったとは!

 僕は、鈴木さんご指摘のようにおじさんにして、
 タツル・ファンです。

 で、前々から思っていたのですが、
 タツル君は、
 どこか「おばさん」的な性格がある人だと思うんです。

 鈴木さんが自分のことを
 「ぼくちゃん」という感覚と、
 タツル君が
 「女性のマインドを代弁してみせる」感覚って、
 似通っている部分があるように感じるは、
 僕の考えすぎ?

 性のクロスオーバー感覚ともいえるような感性であり、
 成熟社会にはとても大事な要件であるように思いました。

 以上、メルマガの感想でした。



日本コンサルタント協会のEさま、
感想、ありがとうございました!



彼が社長と専務に配ったという
『七人の侍』の組織論は、こちらです。
http://blog.tatsuru.com/2010/11/22_1626.php


次回のブログは、
この『七人の侍』の組織論で語られている

「構成員のうち、もっとも非力なもの」を
 統合の軸とした経営や教育が、
 実は最強の高パフォーマンス企業を
 創りあげる秘訣


という記事を書きますので、
ぜひ、読んでおいてくださいね。


では、次回をお楽しみに~。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ 
 フジテレビ・日本テレビに出演! BtoC集客で売上アップ
 優良客を強力に集客して最短2ヶ月で売上5倍アップの実績
 「集客できる仕組み」を構築する広告プランナー 

 マインドック有限会社 代表取締役 鈴木 貴子(栄美子)

 〒160-0023 東京都新宿区西新宿5-1-17-404
 TEL:03-6304-2301 FAX:03-6862-5930
 URL:http://www.mindoc1.com/
    http://www.bestmindoc.com/
 Mail:main@bestmindoc.com

 集客のために広告を出している社長さんの97.5%は、
 お金を出して集客できない広告を出している!
 
 「失敗VS成功・広告事例集」無料配布中
 ⇒http://www.bestmindoc.com/present.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 Copyright(c) 2001-2015 by Takako Suzuki. All rights reserved.  

Posted by マインドック有限会社 at 05:41Comments(0)

2012年03月01日

雨が降ったら傘をさそう



こんにちは。
マインドックの鈴木です。

今日は、おじさんたちに人気のある
内田 樹(たつる)先生のブログに書かれていた


 父親は「晴天モデル」で子どもを育て、
 母親は「荒天モデル」で子どもを育てる、


というお話から、
右肩下がりの日本経済の中で
勝っていける経営は・・・という内容です。



まずは、内田先生のブログから
お読みください。
http://blog.tatsuru.com/2006/11/26_1123.php


◆雨が降ったら傘をさそう◆

この男女差は、
特に社員教育に表れますが、
経営にも影響が出ます。

どう表れるかというと

経済不況になると、
「荒天モデル」の会社のほうが
生き残る確率が高くなります。

つまり、
女性経営者の会社が
現在の日本では生き残りやすいのです。



「晴天モデル」の会社は
右肩上がり経済時に栄え、
「荒天モデル」の会社は、
右肩下がり経済時に栄えます。

なぜなら、
右肩下がり経済は、
荒天だからです。

「雨が降れば傘をさす」
と松下幸之助さんも
社員におっしゃっています。


雨が降ったら、雪が降ったら、
”大丈夫だ”なんて粋がらないで、
”すぐ晴れる”なんて夢をみないで、
ちゃんと傘をさしましょう。


◆女性客に売ることの効用◆

さて、ここからが重要なのですが

女性客に売れるようになるということは、
男性経営者であっても、
女性の荒天モデル思考を
理解できるになるということです。

理解できれば、抽象的思考能力では
女性より男性のほうが優れていますから、
すぐ経営にも使えるようになりますよね。 

ということで、
これからの時代、女性を理解することは、
今まで以上に重要なことです。



あなた、女性のこと理解していますか?

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ 
 フジテレビ・日本テレビに出演! BtoC集客で売上アップ
 優良客を強力に集客して最短2ヶ月で売上5倍アップの実績
 「集客できる仕組み」を構築する広告プランナー 

 マインドック有限会社 代表取締役 鈴木 貴子(栄美子)

 〒160-0023 東京都新宿区西新宿5-1-17-404
 TEL:03-6304-2301 FAX:03-6862-5930
 URL:http://www.mindoc1.com/
    http://www.bestmindoc.com/
 Mail:main@bestmindoc.com

 集客のために広告を出している社長さんの97.5%は、
 お金を出して集客できない広告を出している!
 
 「失敗VS成功・広告事例集」無料配布中
 ⇒http://www.bestmindoc.com/present.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 Copyright(c) 2001-2015 by Takako Suzuki. All rights reserved.  

Posted by マインドック有限会社 at 18:01Comments(0)