2011年09月29日

Dellも間違う 女性へのアプローチ

コンピュータメーカーDellの女性向け情報サイトが、
女性を意識したステレオタイプな内容で
ネットユーザーたちの怒りをかったことがありました。


小型で高性能なで、
カラフルなボディのバリエーションがあり、
さまざまなシーンで活躍しそうな
ネットブックだったのですが・・・。

その時のサイトの写真を観てください。

女性感情マーケティングによる会社の利益アップ戦略


これじゃダメですね。

まずサイトに出てくる女性が
仕事してない!!

仕事している女性がダサイ!

直感的に物事を理解することが多い女性に、
同性である女性がダサイのは
訴求の観点からしても、
ありえません。



ノートパソコンを使いまわす女性に、
仕事していない女性は少数だと思いますけど・・・。

彼女たちの仕事は、
仕事じゃないことにされているようですね(笑)。

これでは、女性たちの共感は得られません。


このサイトを配信しちゃったDell。

大失敗ですね。

このサイトのTOPページは、
性能や使い方をうたっているわけではないので、
イメージ広告です。


女性はイメージに男性より反応します。

たとえば、

女性同士なら、
誰かが「寒いわね」と言ったら、
その中の1人が部屋の温度上げますよね。

そのぐらい女性は、
Aという事象から、
瞬間的に関連性のあることを
いくつも連想できます。

ですから、イメージ広告でも
男性よりは反応率が良いです。

だから、女性客を集めるなら、
TOPページの見せ方は、
とても大切です。


このサイトでは、女性たちが
”馬鹿にされている”と感じてしまいます。

そのうえ、パソコンの活用法の内容が
これって、いつの時代の女よ?
と思わせる
料理のビデオを見たり、
カロリー計算をすることができるとコンテンツでした。

これがネットユーザーたちの批判の的となり、
炎上してしまったのです。

さすがに最近は、
ここまでベタベタなマーケティングをする会社は減ってきていますが、
しかし、
「この会社、女性を馬鹿にしている」
「この会社、女のこと分かっていない」と
感じさせてしまっている会社は多いですよ。


なぜなら、
女性の評価基準がどういうものか理解していないので、
ちょっとしたミスをしてしまうから。

サイトが女性の批判を浴びなくても
他で女性客を逃がしていることがあります。



あなたの会社は、そんなヘマしていませんか?

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ 
 フジテレビ・日本テレビに出演! BtoC集客で売上アップ
 優良客を強力に集客して最短2ヶ月で売上5倍アップの実績
 「集客できる仕組み」を構築する広告プランナー 

 マインドック有限会社 代表取締役 鈴木 貴子(栄美子)

 〒160-0023 東京都新宿区西新宿5-1-17-404
 TEL:03-6304-2301 FAX:03-6862-5930
 URL:http://www.mindoc1.com/
    http://www.bestmindoc.com/
 Mail:main@bestmindoc.com

 集客のために広告を出している社長さんの97.5%は、
 お金を出して集客できない広告を出している!
 
 「失敗VS成功・広告事例集」無料配布中
 ⇒http://www.bestmindoc.com/present.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 Copyright(c) 2001-2015 by Takako Suzuki. All rights reserved.  

Posted by マインドック有限会社 at 06:02Comments(0)