2011年04月15日

英雄の旅で自己変革

昨日から、NLPの大御所
ロバート・ディルツ先生のセミナーに参加しています。

高度の内容のセミナーで、
良いですよ。

詳しい内容は、こちらから読んでくださいね。

http://ameblo.jp/suzuki-emiko/entry-10861878693.html
よろしく~。

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ 
 フジテレビ・日本テレビに出演! BtoC集客で売上アップ
 優良客を強力に集客して最短2ヶ月で売上5倍アップの実績
 「集客できる仕組み」を構築する広告プランナー 

 マインドック有限会社 代表取締役 鈴木 貴子(栄美子)

 〒160-0023 東京都新宿区西新宿5-1-17-404
 TEL:03-6304-2301 FAX:03-6862-5930
 URL:http://www.mindoc1.com/
    http://www.bestmindoc.com/
 Mail:main@bestmindoc.com

 集客のために広告を出している社長さんの97.5%は、
 お金を出して集客できない広告を出している!
 
 「失敗VS成功・広告事例集」無料配布中
 ⇒http://www.bestmindoc.com/present.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 Copyright(c) 2001-2015 by Takako Suzuki. All rights reserved.
  

Posted by マインドック有限会社 at 14:41Comments(0)鈴木貴子のプライベート

2011年04月08日

男性は「哀」が・・・【本当の感情を伝える】



他人も自分も尊重しながら
自己主張していく方法」の4段階のうち、
第2段階目
”本当の感情を伝える”

ここでの男女差は、2点あります。


1点は、男性より女性の方が、
第2段階目は実行しやすいということ。

2点目は、
男性が、喜怒哀楽の中の「哀」の表現を抑制し、
女性は、「怒」の表現を抑制するということです。

男性が
「~と思う」
「~と考える」
「~するべきだ」
という表現をすることが多いのは、
感情を入れないようにしているからです。

そうして、その中でも「哀」の表現は、
特に抑制します。


これは社会的な条件付けの結果のようです。

幼少期から男性は、

「男の子なんだから泣いちゃダメ」
「男の子なんだからウジウジしちゃダメ」
「男の子なんだから競争が好き」
「男の子なんだから大物になって」

と言われることが多いです。

生まれながらに男性が
「哀」を感じないわけではないのですが、
「哀」を表現すると不都合な状況が多いので、
表現しないようになっていくのです。


人によっては、
「哀」を感じないようにします。

だから男性は、
「哀」の表現を抑制すると考えておきましょう。

そこで男性は、「哀」の表現の替わりに
「怒」の表現を使う人が多くいます。


”泣くことができないので怒る”というパターンです。

男性は自分が怒っていたら、
何か悲しいのかも知れないと考えてみましょう。

そうすれば、第2段階目
”本当の感情を伝える”が能力が
ぐんとアップしますよ。


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ 
 フジテレビ・日本テレビに出演! BtoC集客で売上アップ
 優良客を強力に集客して最短2ヶ月で売上5倍アップの実績
 「集客できる仕組み」を構築する広告プランナー 

 マインドック有限会社 代表取締役 鈴木 貴子(栄美子)

 〒160-0023 東京都新宿区西新宿5-1-17-404
 TEL:03-6304-2301 FAX:03-6862-5930
 URL:http://www.mindoc1.com/
    http://www.bestmindoc.com/
 Mail:main@bestmindoc.com

 集客のために広告を出している社長さんの97.5%は、
 お金を出して集客できない広告を出している!
 
 「失敗VS成功・広告事例集」無料配布中
 ⇒http://www.bestmindoc.com/present.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 Copyright(c) 2001-2015 by Takako Suzuki. All rights reserved.  

Posted by マインドック有限会社 at 18:34Comments(0)

2011年04月07日

他人も自分も尊重しながら自己主張していく方法・第2段階目

他人も自分も尊重しながら
自己主張していく方法」の4段階のうち、
今日は、第2段階目をご紹介します。


 第1段階目は、
 “起こったことを、そのまま表現する”でした。

 事実だけを表現することが重要ですが、

 この段階で、

 男性は、判断を入れやすく、
 女性は、感情を入れやすく、

 それを防ぐには、

 男性は、判断を入れないように我慢すれば良く、
 女性は、感情を入れないように練習しましょう。

 と書きました。


このように、同じスキルを使っているのに、
第1段階目で、早くも男女差が出てしまうのです。

ですから、「他人も自分も尊重しながら
自己主張していく方法」も男女差を意識したほうが、
より効果的に使いこなせるはず。

私は、小さな時から
男女(おとこおんな)と言われるほど、
男っぽい性格でした。

おかげで、男女間の通訳をすることが多かったので、
男女差が分かるのですね(笑)。



さて、「他人も自分も尊重しながら
自己主張していく方法」の第2段階目は・・・。

”本当の感情を伝える”です。


例えば、
「計画停電で、自分の家が7回停電にあった」
に対して
「停電の間、とても不安だった」
「7回は嫌気がさした」
という表現です。

ここで気をつけてほしいのは、
1.自分が感じている感情を伝えること
2.感情に評価を含めない
という2点です。


自分が感じている感情を、
他人の感情にしてしまうと
以下のようになります。

「停電の間、子供も不安だった」
「7回は、地域にとって残念だ」

これに評価を入れると、以下のようになります。

「停電の間、子供を不安にさせた
「7回は地域が軽んじられているからで残念だ」


日本人の他人を思いやる性質は
とても素晴らしいものです。

そんな日本人だからこそ、
自分のことより、
他人や社会のことが
先に思い浮かんでしまうのでしょうね。

ですが、
他人の感情について話してしまうと、
論点が広くなってしまうので迷いやすいです。

自己主張して欲しい結果を得るには、
自分のことに絞ったほうが得策です。

そうして、
評価を入れれば、
たとえ、あなたの主張が通っても、
相手との関係性が壊れてしまいます。
その結果、次から
あなたの主張は最初から拒否されるでしょう。

ですから、
相手との関係性を持ち続けようと考えているなら、
この第2段階目で評価は入れないほうが得策です。

反対に、もう二度と関係を持たない相手や、
主張が通らなくても勝ちたい場合は、
ここから評価を入れて行くのも
「あり」だと私は考えています。

しかし、


他人の迷惑をかけないように気を遣う」
「他人が困っている時は、自分の主張を控える」

こういう控えめで思いやりある日本人が

両名が控えめゆえに
「自分の意見を言わない」

両名が思いやりあるゆえに
「他者を優先して我慢する」

そんなストレスを解消するために書いているのですから、

第2段階目”本当の感情を伝える”に
1.自分が感じている感情を伝えること
2.感情に評価を含めない

しっかり実行してくださいね。


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ 
 フジテレビ・日本テレビに出演! BtoC集客で売上アップ
 優良客を強力に集客して最短2ヶ月で売上5倍アップの実績
 「集客できる仕組み」を構築する広告プランナー 

 マインドック有限会社 代表取締役 鈴木 貴子(栄美子)

 〒160-0023 東京都新宿区西新宿5-1-17-404
 TEL:03-6304-2301 FAX:03-6862-5930
 URL:http://www.mindoc1.com/
    http://www.bestmindoc.com/
 Mail:main@bestmindoc.com

 集客のために広告を出している社長さんの97.5%は、
 お金を出して集客できない広告を出している!
 
 「失敗VS成功・広告事例集」無料配布中
 ⇒http://www.bestmindoc.com/present.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 Copyright(c) 2001-2015 by Takako Suzuki. All rights reserved.  

Posted by マインドック有限会社 at 11:47Comments(0)

2011年04月06日

男性には、こう聞こえています【感情つきの表現】

”自分も相手も尊重しながら
自己主張する方法”で

女性が第1段階目の
“起こったことを、そのまま表現する”
で犯しやすいことは、
感情を入れてしまうことですね。


女性は
感情的という批判をよく受けます。


というか、
男性より、話すと感情が一緒に動きやすいのです。

これは、脳の構造によるようです。

左脳と右脳をつないでいる
能りょうという組織が
男性より太くて短いのが女性。
なので、話させると感情が一緒に動いてしまうのです。

ですから、
“起こったことを、そのまま表現する”のは下手です。


起こったことをそのまま表現している
「おにぎりの列に並んだけど、受け取れなかった」
「病院で、あなたの子供が泣いていた」
の文章を感情入りにすると

「おにぎりの列に並んだけど、遠慮して受け取れなかった」
「病院で、あなたの子供が怒って泣いていた」

こうなります。

これは女性同士だと、
話が感情主体になって
元の話題から大きくズレてしまうことはありますが、
あまり気になりません。


しかし、この感情つきの発言が
男性に、どのように聞こえているかというと・・・


「遠慮してって、順番だったんだろう、
 だから受け取れなかっただけなのに

 それを“遠慮して”だなんて・・・

 俺に、どうにかしろって言うの。

 あぁ、めんどくさい」

そうして、病院で子供を泣かしていた話も、

「子供が泣いていた話なんだよね。

 “怒って泣いていた”って、
 どうして分かるわけ。根拠はなに?

 すぐ分かったようなこと言うんだから・・・
 話しに論理性がないよね。

 まぁ、話半分に聞いておこう 」

このように聞こえています。

ですから、
話を聞く体制じゃなくなってしまうのです。


第1段階目で感情を入れてしまうと、
男性に防御や攻撃の体制をとらせるか、
無関心にさせてしまいます。

「コミュニケーションは、相手の反応で決まる」 のですから、

男性相手で
第一段階目を感情入りにすることが、
どんなに不利か理解してくださいね。


この第1段階目で
「感情を入れないで、
“起こったことを、そのまま表現する”」
ことが、

その後の第2段階目、第3段階目、
最後の第4段階目までの話し合いをスムーズに進め、
あなたの主張を通しやすくします。

だから、
男性相手に自己主張する時は、
「特に第1段階で感情は入れないようにする」
練習をしてくださいね。


感情を入れないように話をするのは、
女性にとってはハードルの高いことですから、
とにかく、頑張って練習してくださいね。


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■ 
 フジテレビ・日本テレビに出演! BtoC集客で売上アップ
 優良客を強力に集客して最短2ヶ月で売上5倍アップの実績
 「集客できる仕組み」を構築する広告プランナー 

 マインドック有限会社 代表取締役 鈴木 貴子(栄美子)

 〒160-0023 東京都新宿区西新宿5-1-17-404
 TEL:03-6304-2301 FAX:03-6862-5930
 URL:http://www.mindoc1.com/
    http://www.bestmindoc.com/
 Mail:main@bestmindoc.com

 集客のために広告を出している社長さんの97.5%は、
 お金を出して集客できない広告を出している!
 
 「失敗VS成功・広告事例集」無料配布中
 ⇒http://www.bestmindoc.com/present.html

■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
 Copyright(c) 2001-2015 by Takako Suzuki. All rights reserved.  

Posted by マインドック有限会社 at 12:09Comments(0)